スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

機長と整備長 その1

2014年10月23日 18:50

目指せパイロットのイベントがあった。
豊福機長が主役。
豊福八戸ドクターヘリ機長 (370x500)

今日から、機長と整備長の物語です。
・・・・・・・

高度400mからもうランデブーポイントが見えた。
黒い刺し子に、銀色のヘルメット、黒いゴム長靴の消防隊が、
白い雪原を走りまわる。
踏み固めるのは、人力。
10m四方の雪原を大男が走りまわる。
正方形の頂点には、ピンクのテープがひらめく目印が置かれていた。

機長は「いいかな?」
正方形の1/3くらいの雪がすでに踏まれていた。
「いや、まだ、地上から着陸の要請が来ていません」整備長
機長はその間、高度150mをキープしていた。

少しした。
「名川ポンプ38より八戸ドクターヘリ1。
雪の下は土ですが、固く凍っています。
踏み固め終了しました。」消防隊長からの無線。
「はい、これより、着陸態勢にはいります」整備長

機長は高度150mから正方形に踏み固められて雪原向かって機体を進めた。
高度は下がる。
高度50mで停止した。
正方形に踏み固められたて雪原の真上だ。
機長はスロットルを調節して、
機体を少しずつ降ろす。
ゴーグルを顔にかけた消防隊は、
駐車場の隅に移動していた。
15m位まで高度が下がった。
整備長はここで、
「いったん、この位置で少し停止しましょう」

柔らかい深雪をメインローターのダウンウォッシュで吹き飛ばす作戦。
地上には、雪が渦を巻いて正方形から遠ざかる。
南極大陸のブリザードのように。
1分間近く機体は空中で停止した。
吹き飛ぶ新雪の渦が少なくなった頃、
「そろそろいいよ」整備長
「ゆっくり降りるよ」機長
「見えている」整備長
整備長は機体が雪面に近づくと再び視界が悪くなることを予想していた。
左側の視界が良好なことを機長に伝える。
(続く)

アンテナは,これでした

2009年06月22日 20:36

日曜日にはアップできませんでしたが,
土曜日のエントリーの回答を.

まず,1~2枚目の写真は両方ともアンテナではありません.
放電索,またはスタティックディスチャージャーと呼ばれるものです.
静電気を大気中に逃がすアースのようなもの,といえば分かりやすいかも知れません.
ちなみに4枚目の写真に写っているメインローター先端にも同じものがあります.

ANT 1
ANT 4


空中では水滴や塵などとの摩擦で,機体に強力な静電気が溜まります.
ヘリコプターの下に荷物を吊るしたフックに不用意に触ると感電するそうです.
ですから,このような工夫で少しでも放電させているのですね.


では3枚目の写真をもういちど↓
ANT 3

丸をつけたのは2つともアンテナです.
垂直に立っているのが航空無線,コの字型の方はVOR受信機といいます.
航空無線はその名の通り,管制塔などと通信するものです.
ではVORって何でしょう?

これはVHF Omnidirectional Rangeの略だそうですが,これじゃ分かりませんね.
日本語では 超短波全方向式無線標識施設 といいます.
漢字が並ぶとなんとなくイメージが湧きますが,いわゆるビーコンの進化型なんだそうです.
つまり地上にある発信基地から超短波無線が出ていて,
これをヘリがキャッチすることで,自分の位置や方向を知ることが出来ます.
今はGPSもありますが,少し前はVORが非常に便利で普及していたんだそうです.


そして5枚目の写真を↓
ANT 5

真ん中に写っている,2枚並んだ魚のヒレみたいなのはTCAD用のアンテナです.
正式名称はTrafficand Collision Alert Device,日本語では空中衝突警告装置といいます.
これも日本語で想像がつくように,飛行機が近付くと警報などを発する装置だそうです.

両端には同じ形のアンテナが2つありますが,これは消防無線です.
ちなみに,間に写っているのはスピーカです.


いかがだったでしょう?
アンテナは他にもありますが,それはまた別な機会に...  

アンテナ,ど~れだ?

2009年06月20日 23:55

ドクターヘリは飛行中に多くの通信を行います.
ですから,通信の種類だけアンテナを持っているのです.

それでは問題!
写真に写っているうち,アンテナはどれでしょう?


まず,これは後ろの垂直尾翼のてっぺんですANT 1


こちらも垂直尾翼,その一番下です
ANT 2


こちらは後ろのシャフト,候補は2つありそうです
ANT 3


これはメインローター,つまり主翼の先端部分ですね
ANT 4


最後はちょっと写りが悪いですが,ヘリコプターの底面です.
ANT 5



さて,どうでしょうか?
解答は明日のお楽しみに~~

He climbs a helicopter, and it climbs up.

2009年06月18日 20:19

昨日の続きです.

以前に給油口の写真をご紹介しましたが,その上.
climb a heli 1

指で起こすようになっているのが分かると思います.
実はここもステップになっています,この通り↓

climb a heli 2

これでも,メインローターには手が届きませんね.
そこで更に上によじ登るわけです.
climb a heli 3

で,こうなって,,,,
climb a heli 4

はいポーズ!(山上整備士さん,ご協力ありがとうございました (^_^; )
climb a heli 5


整備士の方は,毎日ほんとうに丁寧に時間をかけて整備されています.
また出動となればコパイ席に乗り込み,通信や誘導からストレッチャー搬送まで大忙し.
撮影にまでご協力いただき,ありがとうございました☆

ちなみにタイトルですが,
climbには 〈飛行機・鳥などが〉舞い上がる,上昇する という意味もあるんだそうです.
初めて知ったので,ちょっと引っ掛けてみました.英語として正しいかは不明ですが...



最後に訂正が一つ.
側面のアースは,充電中よりも給油中の静電気防止が目的だそうです.  (千葉)

コレな~に?

2009年06月17日 23:58

初の3部作はいかがだったでしょう?

力が入ったあとは,少し気が抜けるもの.
本日のエントリーは小ネタです.

まず,こちらをご覧下さい↓
foot step

これは左舷後方を写していますが,アースの取り付け口がついてます.
ヘリコプターもバッテリーを搭載してますから,静電気の放電を逃がす必要があるのです.

では問題.
その隣に写っている,四角い切り込みは何でしょう??











正解はこちらです.↓
foot step2

そう,足を乗せるためのステップなんです.

実はこの上のほうにエンジンが載っているので,
メンテナンスのために足をかけて登る必要があるんですね~

明日もう少し詳しい説明と写真を掲載する予定です,お楽しみに☆



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。