八戸新体制

2017年04月10日 18:31

野田頭新所長
東奥日報新聞の記事です。
新村菜穂記者

新救命救急センター所長

2017年04月03日 18:52

今年も春がやってきた。
新しく八戸市立市民病院に入職する職員が104名。
看護師61名、
医療職と事務職合わせて17名、
研修医18名、
新任の医師18名、
合計104名が仲間になった。

救命救急センター所長も代替わりする。
野田頭達也医師が所長を務める。

4月3日月曜日
病院の年度初めの式が開かれた。
病院幹部が紹介される。
副院長、次長に続き救命救急センター所長が紹介されるはずだった。
野田頭医師はそのつもりで、副院長と並びステージ前で全職員に対面した。
副院長の3名がお辞儀をして自己紹介した。
続いて救命救急センター所長かなとおもったら、
診療局次長がお辞儀をして自己紹介した。
それなら、この次かと
私は野田頭医師の顔を見る。
司会者は
「以上です。おさがり下さい」
会場がざわつく。
三浦事業管理者が一言いう
「救命救急センター所長を忘れているぞ」
司会者は
「大変失礼しました」と頭を下げて
「野田頭達也救命救急センター所長です」と
それを受けて
野田頭医師がはつらつとあいさつした。
「救命救急センター所長野田頭達也です。
これからは忘れられないように一生懸命に頑張ります」

会場から割れるような拍手が起きた。

新しい救命救急センター体制です。
よろしくおねがいします。


DSC08054劇的救命
野田頭副所長が挟まれ外傷患者に接触する

研修医八戸市立市民病院が18人

2017年04月02日 18:47

八戸市立市民病院研修医が18人

デーリー東北新聞社 4/1(土) より転載です。
採用研修医は高水準の80人 17年度青森県内指定病院


採用研修医は高水準の80人 17年度青森県内指定病院

青森県内の2017年度の研修医採用状況
20170401-00010007-dtohoku-000-1-view-1.jpg
 
2017年度から
青森県内の指定病院で臨床研修をスタートさせる研修医は80人で、
前年度より3人減ったものの、
過去3番目に多かったことが31日、
青森県のまとめで分かった。

病院別では、
八戸市立市民病院が18人で最も多かった。

県医療薬務課は、弘前大医学部が定員拡大や地域枠の増員に取り組んできたことが、
高水準に寄与したと分析している。

劇的書道パフォーマンス

2017年03月28日 18:48

高校生書道パフォーマンス大会の入賞常連
青森県立八戸東高校の書道部が
八戸市立市民病院で
パフォーマンスです。

3月31日15時10分から16時。
病院1階の玄関ホールで
開催です。

巨大な書、
芸術的な書、
美しい書、
激しい書、
がみられます。

テーマは劇的救命

玄関ホールは2階から丸見えです。
皆さん、どうぞビデオ撮影してください。

青森県立八戸東高校の書道部の作品の一つが、
日本航空医療学会のポスターです。
第24回日本航空医療学会ポスター_白小さい_page0001

第24回日本航空医療学会ポスター小さい青_page0001
八東の赤い印(篆刻)あり

2.6%が救急医を目指す

2017年03月16日 18:09

医師臨床研修マッチング協会から発表されたものです。

今年4月に新しく研修医になる予定の医学部6年生約8000人への
アンケート調査結果です

現時点で臨床研修を終了したときに
どのような診療科に進みたいですか?

内科 33.8%
外科 15.0%
小児科 9.0%
特に考えていない 8.1%
産婦人科 5.6%
整形外科 4.4%
麻酔科 3.5%
精神科 2.8%
救急 2.6%
眼科 2.1%
耳鼻咽喉科 2.1%
放射線科 1.8%
皮膚科 1.7%
神経科 1.6%
泌尿器科 1.5%
病理学 1.3%
基礎研究 0.9%
リハビリテーション 0.6%
医療衛生行政 0.5%
その他 1.1%

でした。

救急医を目指したい大学6年生が、
全国に2000人にもいます。
しかし、
研修医終了後には、
その数が、
激減します。
残念です。

日本救急医学会では
その対策を進めています。
http://qqka-senmoni.com/

「救急医だから出来る10の事」
医学生は見てくれればうれしいです。
私が作成に関わりました。