看護師の八戸市立市民病病院見学・インターンシップ

2018年03月02日 23:43

八戸市立市民病院の概要と看護の特徴について、
少しでも看護の現場を体験することで、
看護師としての就職後の自分がイメージでき、
現実と照らし合わせて考える機会になります。

就職を考えている学生さんはどうぞご参加ください。
今年度 
春休みインターンシップを下記の日程で実施いたします。

実施日程 平成30年3月8日(木)・9日(金)・12日(月)・13日(火)・14日(水)
8:45~9:00 集合・更衣

対象は当院に就職を考えている看護学生です
http://www.hospital.hachinohe.aomori.jp/kangokyoku/form-intern

申し込みは
kango@hospital.hachinohe.aomori.jp

ザ・トラウママニュアル・林教授

2018年03月01日 17:33

ザ・トラウママニュアル
福井大学の林寛之教授に
書評を書いていただきました。
・・・・・・

交通外傷は法整備や車の性能改良で随分減ったが、この冬だけは大雪のおかげで転落
転倒などの外傷はすごく多かった。
多発外傷のJATECというコースもあるけど、各論となるとまだまだで外傷を多角的に
診ることのできる医者は少ない。
八戸の今明秀先生が訳したトラウママニュアルは、外傷診療を復習およびアップデー
トするにはいいかも。
・・・・・・
と、
外傷初期診療の先を知りたい人、
初期診療の根拠を知りたい人は、
どうぞ

ザ・トラウママニュアル第4版 岩田健太郎教授

2018年02月28日 18:48

感染症で有名な岩田健太郎教授から
書評を頂きました。
「ザ・トラウママニュアル第4版」
http://mediamarker.net/u/georgebest1969/?asin=4903843556

ぼくに本書を評する資格があるかどうかは極めて疑わしい。代わりに、印象を受けたところの、感想を。

1.序文が極めてカッコイイ。今先生の文章がイカしているのはいつものことで存じていたが、軽米先生の文章には驚きました。ぼくは常々、日本の医者は文章を書くのが苦手、、、と思っていますが、大いなる例外です。音読したくなるようなリズムの良さと啖呵のかっこよさで、歌舞伎の名台詞のようです。

2.交通外傷患者のアセスメントには病歴が大事、というのは研修医時代に叩き込まれたスキルですが、読んでて思い出しました。

3.免疫栄養についてルーチン使用は推奨されない、ときっぱり書いてあってよかったです。ぼくの私見では、ER/ICUは足し算の医療になりがちで、「よさそうだったら、やってみては?」とどんどんスペックを足していくのですが、「これは要らない」ときっぱり引き算できるテキストは希少であり、かつ価値が高いと思っています。

4.同様に、外傷、熱傷での全身の予防的抗菌薬使用を諌めていますし、治療期間を予め設定しておくこと、、、CRPを追っかけたりしない、、、という「常識」が明記してあって好感が持てます。

5.重症急性膵炎の予防的抗菌薬も要らん、とちゃんと書いてあり、これは集中治療学会でも申し上げましたね。普及してほしいです。

とまあ、自分目線な感想ばかりでしたが、こうして眺めていると、外傷ケアはどんどんシステム化、仕組み化、チーム化が進んでいるのだな、とその進化にも目を奪われました。ぜひ現場で活用されてほしいと願っています。

・・・・・・・・
と、
ありがとうございます。
岩田健太郎先生

情熱大陸 明日2月11日

2018年02月10日 13:19

救命救急_TBSPOP3 - コピー

2月11日いよいよで

情熱大陸

2018年02月05日 19:36

情熱大陸見てください。
情熱大陸2 - コピー

2018年2月11日23時
TBS
情熱大陸7 - コピー

http://www.youtube.com/watch?v=m1Nms_FalPg

情熱大陸5 - コピー

情熱大陸3 - コピー

情熱大陸11 - コピー

情熱大陸10 - コピー