スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

JATEC改訂まもなく

2012年04月21日 18:09

救急医の皆様
昨年夏より外傷初期診療ガイドラインの改訂事業に着手しました。
今回の改訂は、初版~改訂第3版までにまとめられた内容を尊重し、
新しい臨床研究、権威者による推薦を追加することです。
日本外傷学会学術集会・総会では改訂の要点を整理、公開します。
改訂点はたとえば以下の通り。
喉頭・気管損傷時の気道の評価を詳述し、
気道確保を行う場合の注意点を追加した。

呼吸の評価ではパルスオキシメータだけでなく、
換気指標として波形表示のある呼気二酸化炭素モニターを加えた。

迫するDで頭部CT検査するときに頸椎CTも含める。
他部位撮影さらにtrauma panscanも撮影してもいい。

学会発表は、5月25日東京。
私の担当は、脊椎外傷です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/976-543baa92
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。