岩手県ドクターヘリ青いヘリポート

2012年04月01日 17:49

青森県ドクターヘリは2ヶ月ごとに
基地病院を替えます。
4月、5月は
八戸市立市民病院救命救急センターです。
JA112Dは3月30日午後低気圧が押し寄せてきた青森市上空から
逃げるように古巣の八戸市立市民病院に戻りました。
青森市では、3月末なのに、再び雪で大荒れです。
八戸市の、海岸には
「うみねこ」渡り鳥の大群が飛来しています。
こちらは春です。

5月開始予定の岩手県ドクターヘリのヘリポート完成式典が
3月30日岩手県矢巾町で行われました。
http://cgi.daily-tohoku.co.jp/cgi-bin/news/2012/03/30/new1203302101.htm
格納庫には
美しい色の壁と目立つ「ドクターヘリ」
のゴシックロゴがあります。
ヘリポートも美しい青色です。
用意されたEC135も新型のようです。
これじゃやる気が出ますね。

この施設にはお金がかかっています。
うらやましい。
岩手医大高度救命救急センターは、県立ではありません。
しかし、岩手県から多額の補助金が降りています。
もちろん、ほかの岩手県立病院救命救急センターにも。

青森県は、県立救命センターには、多額の補助金が降りていますが、
八戸市立救命センターには、そうではありません。
ヘリポートの鮮やかさの違いは
お金のかけ方の違いです。
機長が言うには、
「あまり派手な色だと,目がチカチカする。
これくらいでいいんです」と言って
我々を励ましてくれますが・・・


岩手県の試験運行は4月9日からはじまります。
5月連休には、本格運航がはじまるようです。
基地病院の岩手医大高度救命救急センターは、
東北に3箇所(盛岡、仙台、弘前)の高度救命救急センターで
一番歴史があります。
文字通り高度な救急を扱う救命救急センターです。

岩手県ドクターヘリの本格運用が始まれば
あっという間に
東北ドクターヘリのリーダーになるはずです。
期待できます。


コメント

  1. やまっち | URL | KvLr8krI

    ついに

    ついに我が岩手県にもドクヘリが就航するんでね。待ちに待ってました。わたくしも、仕事で病院周りしてますが、青森に昨年末転勤してきて、生憎ドクヘリに、遭遇してません。迅速な判断、地上とのやり取り、スタッフの方々の地道な努力、スキルアップ、チームワークで、わずかな可能性のある患者を救うために全力投球し、命をつないでいる懸命なすがた、いつもブログで感銘を受けてます。私もかけながら応援してますし、患者様のために医療機械の安定稼働のために尽力しております。岩手からきましたが、そのニュースを聞いてとても感動いたしました。生死の淵から患者を引き戻し、わずかな可能性にもかけたているスタッフの方々を、ずっと応援してます。益々の発展をお祈り申し上げます。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/958-efa447c8
この記事へのトラックバック