冬のノーブレーキ事故 前編

2012年01月09日 20:02

多重衝突事故が、三戸郡で起きた。
119番通報から5分でドクターカー出動要請が来た。

今日は、冬型気圧配置。
青森市は、昨夜から積雪70cm位以上。

インターネットの天気図では、雲マークがびっしり。
八戸市で、積雪はあるが、5cmくらい。
そらは、青空。
八甲田山の西側には申し訳ない。

EC135は格納庫の中だった。
零下の気温では、ヘリコプターン各部の潤滑オイルが硬くなるらしい。
アイドリングをほとんどしないで離陸するドクターヘリでは故障の原因となる。
だから、緊急出動に備えて、格納庫の室温は、零度よりすこし上に保つ。
ヒーターを使う。
室温は3度。

出動要請を受けて、6分で離陸した。

目的地は直ぐに分かる。
田舎道なのに、そこだけが渋滞している。

現場付近の着陸地点を空から探す。

ない。

八消本部へ無線を入れた。
「ポートピア南部デランデブーしてください」
数回の旋回の後、
EC135は現場からすこし離れたポートピア南部駐車場に移動した。

救急車が現場を離脱した。
ポートピア南部に向かっている。
EC135は高度を下げる。
赤車が着陸誘導する。

EC135は着陸した。
救急車が直ぐに近づく。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/878-e4e32498
    この記事へのトラックバック