スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

5回出動 その4

2011年12月13日 19:07

患者を乗せた救急車はまだ、ランデブーポイントへ到着していなかった。
14時20分救急車はランデブーポイントン到着。
14時21分医師治療が始まった。
意識開眼、脈拍触れず。
血糖測定値以下。
ビタミンB1注射,続いてブドウ糖注射。
この順番を間違うと、アシドーシスが悪化する場合がある。

そのころ、八戸にあるドクターヘリ通信司令室には、
十和田消防からのホットラインが鳴っていた。

14時1分119通報
「作業現場で重量物に押し倒され、呼吸困難。」
救急車が現場へ向かった。

患者接触した十和田救急隊長はドクターヘリを要請した。
十和田消防本部はホットラインを鳴らした。

「十和田市で、労災事故、男性1名。ドクターヘリ出動願いたい」
「酸ヶ湯へ出動中、対応できるかどうか、少し待って」CS
CSは八甲田山酸ヶ湯温泉にいる機長に電話をかけた。
「まもなく離陸する。
十和田市事案は、このあとになる。
青森県病では給油なしで、十和田市へ向かうことができる」機長
CSは、十和田消防と電話連絡を取った。
「ドクターヘリ十和田市到着まで、県病経由であと30分前後。
待てるか」CS
「待ちます。」十和田消防

八甲田山を離陸したEC135は北の青森県病へ向かう。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/851-b47acdbc
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。