スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜間はドクターカーで重症骨盤外傷 その2

2011年11月03日 18:47


19:50 初期輸液1000mL終了した。やはり眼は開かない。
先ほどまで安定していた血圧がP80台に下がる。
輸液を2000mlまで続ける。
安部医師は、頭部外傷を第1に考えた。
血圧は再び100台に戻った。
20:20 意識異常あるため頭頚部CT施行、さらに骨盤CTも。
頭部CTはやはり外傷性変化あり。

20:40 CT帰室後より血圧70に低下した。
安部医師は慌てた。
骨盤骨折が一番か?
意識障害も進む。GCS1/1/4
生食はもう直ぐ2000mlだ。
ショックと頭部外傷合併による意識障害だ。
酸素化と循環を確保しないと、脳が二次ダメージを受ける。
頭部外傷に必要なことは、循環と酸素化を正常化すること。

21:15 気管挿管。
21:20 輸血オーダー。
21:25 骨盤骨折により貧血出現
Hb7.3まで低下、輸血開始、血液型はすでに分かっていた。
型を合わせた緊急輸血。
交差適合試験は省略。

21:45 右側腹部右大腿外側に膨隆あり。
この部分の筋肉断裂出血だ。

一番に骨盤骨折止血治療が必要だ。
血管造影室、手術室の準備をお願いした
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/814-de7de609
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。