新研修医、八戸市立市民病院で無事に研修スタート

2011年04月04日 23:10

DMAT 出動中の3月18日、臨床研修センターの田端さんからメールが届いた。
「今年のマッチングでマッチした研修医17名全員、医師国家試験に合格しました。」

そして4月1日、17名の研修医が病院に初出勤を果たした。
しかし残念ながら、歓迎ムード満点の出迎えとはいかなかった。

空の色こそ東京と同じだが、気温は10℃ほども低く、4月1日には雪まで降った。
いつもなら春を喜ぶウミネコが元気に舞う八戸の海岸も、甚大な津波被害で意気消沈。
ウミネコの鳴き声さえ悲しく響く。

なるほど、八戸市立市民病院の病院機能はほぼ復旧した。
しかし節電でエレベーターは1/3しか動かず、廊下は照明を落とし、暖房の設定は低い。
そして海岸の津波被災地では今も停電が続き、避難所には多くの住民が身を寄せている。

きっと彼らも、それぞれに不安を抱きながら被災地の八戸にやって来たことだろう。
東北新幹線は不通のまま、八戸までの移動も容易でなかった筈。
引越屋が対応できず、学生時代の住まいに荷物を残してきた者もいるという。

しかし、若い新人研修医が来た瞬間に室温が0.5℃上がったように思える。
そして希望に満ちてキラキラした表情は、廊下の照明より明るく輝いている。
大丈夫、ここからは総てが上昇気流だ。

今年、八戸市立市民病院に集まってくれた新人を、北から順に紹介しよう。
 貫和君(北海道大)、片岡さん(秋田大)、大野さん・三国谷さん(山形大)、
 天内さん・宇井さん・宇根君・大橋君・菅野君・長谷川君(東北大)、松前君(千葉大)、
 越浪君(獨協医大)、鳩山君(府立医大)、和田君(岡山大)、羽田さん・湊川君(琉球大)
まさに北は北海道から南は沖縄まで。
合格率90%の試験を17名全員がパス。みんな優秀だ。


そして全国からこんなに研修医が集まる理由、ブログの読者はもう気づいてますよね?


コメント

  1. 八戸ドクターカー1 | URL | hChi9nWY

    研修生

    八戸救命に研修をされる皆さん八戸救命、青森県民の為に頑張って下さい

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/639-f3906a9a
この記事へのトラックバック