東北関東大震災その17  ~ドクターヘリでもDMAT~

2011年04月02日 22:48

震災関係はいったん最終回としましたが、備忘録も兼ねて記事にしました。
そのため、時系列が順序通りになっていません。



震災1日目、八戸 DMAT は岩手県大船戸へ出動した。
八戸ERは92名受診、47名入院。うち救急車38台。

震災2日目、域外へドクターヘリ搬送。
八戸 ER は181名受診、18名入院。うち救急車25台。

震災3日目、新たな八戸 DMAT が津波で診療所も流された岩手県野田村へ出動。
ドクターヘリは十和田市の産後出血と田子町の脳卒中に出動した後、岩手県へドクターヘリ DMAT 出動。
八戸 ER は101名受診、27名入院。うち救急車28台。
さらに宮古へドクターヘリ DMAT 出動。

震災4日目、月曜日。
沿岸部の避難所でドクターヘリ要請あり、搬送中に心停止。心タンポナーデに対して、ヘリ内で心嚢穿刺。
月曜夜の当直はいつも私。歩いてくる患者が多数。

そして震災5日目の朝になった。
当直明けの疲れに加えて震災後から続く非日常的な診療で、肉体と精神への疲労の蓄積をわずかに感じていた。

今日のヘリ番は私と丸橋医師。
朝、8時30分に岩手県 DMAT 本部から電話が入った。
「今朝まで花巻空港にドクターヘリが6機集結していたが、今日で2機に減ってしまう。
 本日、宮古病院から盛岡に患者をドクターヘリで運ぶ計画があり、青森県ドクターヘリに力を貸してほしい」
「OK,今日は午後から天候が崩れる筈なので、これから離陸します。」

9時13分 EC135は岩手県立宮古病院へ向けて離陸した。
飛行ルートは海岸線沿い、上空から津波被害が見渡せる。
久慈を過ぎて見えてくる野田村は、ほぼ全村が大きな被害を受けていたが、
さらに南側の普代村は、めだった被害がなさそうだった。
この地域を踏破した八戸 DMAT 隊によれば、巨大な15m 水門が津波を防いだという。

目的地の宮古市が見えてきた。
海岸に近い地域は津波で壊滅状態。沿岸の8m水門は今回の津波に無力だったようだ。

9時46分、県立宮古病院へリポートに着陸。
飛行時間33分といえば、八戸と大間くらい。岩手県宮古も、実は八戸から飛ぶドクターヘリの射程範囲。
へリポート脇に停車していた救急車から降りてきたのは、緑色の DMAT ユニフォームに身を包んだ青森県病総合診療科の伊藤医師。
ここで、患者をドクターヘリに引き継ぐ任務らしい。
宮古で青森DMATが出迎え


9時56分、高齢の女性患者を乗せてドクターヘリは離陸した。
途中、北上山地の上空では右から南下する群馬県ドクターヘリとすれ違う。
また、地上では東北新幹線「はやて」が立ち往生していた。
はやて立ち往生

10時23分、花巻空港のstaging care unitに着陸し、無事に患者を届けた。

10時46分、給油を済ませた後に再び宮古へ向けて離陸。
11時10分、宮古へリポートに着陸。再び、伊藤医師から患者を申し受ける。
11時18分宮古を離陸して、花巻空港着陸は11時42分。
2名の患者は花巻空港で救急車に載せ換えられて、盛岡市の病院へ向かった。

次に大槌村からの患者空輸を提示されたが、結局は防災ヘリが担当することになった。
目前を数機の防災ヘリが離陸するなか、岩手県庁から花巻空港での待機を言い渡された。
花巻SCU


12時35分、青森県ドクターヘリ通信司令室に電話が入った。
「青森労災病院(八戸市)から青森市民病院へ、緊救出が必要な患者を運んでほしい」
八戸 ER 内のCS 室から、花巻空港で待機していた機長の携帯電話にコールが入る。
「すぐ離陸の調整をします」と機長。

12時56分、許可を得て EC135 は花巻空港を離陸した。
13時30分、八戸市立市民病院ヘリポートに着陸。給油しながら患者の到着を待つ。
14時07分、八戸を離陸。
14時32分、青森県病ヘリポート着陸。
14時39分、青森県病ヘリポートから青森市民病院へ、救急車が発進した。
14時49分、患者と丸橋医師を乗せた青森消防の救急隊が青森市民病院へ到着。
15時12分、県病ヘリポート離陸。
15時35分、八戸市立市民病院に戻った。

八戸は被災地だが、独自に判断して出動できるドクターヘリを持っている。
災害でも活躍できるドクターヘリ。いいシステムだ。


コメント

  1. やまっち | URL | -

    救援出動大変お疲れさまでした。これだけの出動、搬送の時系列を見ただけでも、ドクターヘリの、機動力が、誰が見ても素晴らしいものだと判ります。私も兼ねてから心願しておりますが、誰もが予想もしなかった今回の未曾有の大震災、復興に皆で一歩一歩進み始めておりますが、岩手県の、ドクターヘリの導入早期実現を望みます。完璧はないとは思いますが、今回の未曾有の大震災を、是非教訓にすべきですね。

  2. 八戸ドクターカー1 | URL | hChi9nWY

    DMAT

    今度はドクターヘリで岩手へDMAT出動ですか共に通常の要請にも対応しERの皆さんも救急患者、ウォークイン患者の対応ご苦労様でした被災地にも復興の兆しが少しずつ見えて来てるので頑張って下さい頑張れ東北

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/638-b4c81f91
この記事へのトラックバック