スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ある日の救急車実習 前編

2011年02月01日 21:52

毎週火曜日と金曜日の夜、救急医が八戸消防の救急車に乗っている。
だからこの時間帯に救急要請すると、救急医が乗って現れるかも知れない。

救急医は夕方5時過ぎ、現場出動の支度で八戸消防本部に入って指令室のフロアで待機、
八戸消防本部に救急出動命令が出ると、救急隊と一緒に救急車で現場に向かう。

その目的は、現場の常識を知らない医師が、救急隊から教わること。
重症患者は少ないが多くを救急隊から学び、また少しだけ医師が救急隊を指導する。

その日は、私が当番だった。
八戸消防の4階で待機していると、指令課の署員から連絡が入った。
「八戸○○ホテルで意識不明女性。出動おねがいします」
「はい」赤い反射板付きの災害服とライト付きヘルメットを身に付け、階段を下りた。

隊長は村井救急救命士。物腰柔らかで聡明な男。
消防署前の道路は渋滞していたが、サイレンと赤色灯に気付いたドライバーたちは一斉に車を止めて出動に協力してくれた。

ホテルに到着し、明るく照らされた自動ドアをくぐる。
職員の道案内にしたがって、村井隊長を先頭に階段を駆け上がる。
赤いトーマスバッグ、ACLSウエストポーチ、超音波装置を持つ私も続く。

案内された現場では、女性が長椅子の右端に座っていた。
眼を閉じて、頭は壁にもたれ、へそから下を時計回りに捻っている。周りに吐物はない。
心配そうな表情の知人が、遠まきに見守っている。

われわれは隊長を先頭に、彼女に近づく。
現場の指揮は隊長が取る。医師といえども、その支配下になる。

まず隊長が話しかける。
そして脈拍と呼吸の速さを見る。
隊長の声で女性は目を開いた。たった今、気がついたような目つきだった。
「倒れたのを覚えていますか、胸や頭は痛くないですか」
隊長の質問に、首を横に振りながら小さな声で女性は答える。

「お名前は?」隊長がそう聞いたときに女性は、再び目を閉じた。
「失神だ。」私が言う。
「スクープストレッチャーを持ってきて」
村井隊長の命令で、機関員が階段を走る。

失神の三大原因は心臓、出血脱水、迷走神経反射。
いずれも、脳貧血が原因。頭を下げるか水平にすることが原則。
少し前から脈拍を触れていた私は
「撓骨を触れない。短時間で2回の失神だ。原因はなんだろう。」と考えていた。

村井隊長は出血脱水を考えて、足を高くした。
それから意識を判定すると、JCS300。痛み刺激を加えてもピクリとも動かない。
私は女性のスカートを上げてソケイ部を触った。
ソケイ部の大腿動脈は弱く触れる。速さは1分間に60回。
迷走神経反射の失神と心臓病による不整脈では、脈拍が遅くなる。60回だと可能性は低い。

医師は病院で、たくさんの失神発作の患者を診る。
しかしほとんどは、病院へ運ばれてくるまで、失神を起こして数十分も経っている。
医師が診察するとき、たいていの患者は元気だ。

私は、現場にいる。
そして、目の前で女性が失神した。
失神で間違いなければ、1~2分で患者は目覚め、こう言うはずだ。
「あれ、私どうしたんでしょう?」

出血や脱水なら、原因がある。例えば胃潰瘍、婦人科出血、または下痢による脱水。
迷走神経反射なら、倒れる前に何かエピソードがある。
そして不整脈なら、脈が乱れたりスピードに異常がある。

一体なんだろう?
現場でも原因を考えてしまうのが医師の癖。
その脇で隊長は、淡々と作業を進める。
「酸素用意。スクープストレッチャー近づけて」
「女性の関係者はいますか」
「最初に倒れたときの状況は」
「アルコールは飲んでいますか」

ちょうど目をつぶって1分たった。
まぶたが少し動く。撓骨動脈は、まだ触れない。
そして女性の目が開いた。

「大丈夫ですか。胸は痛くないですか」
村井隊長の再度の質問に、女性はまた首を横に振る。
隊長は、搬送を宣言した。

(続く)


コメント

  1. K@5nohe | URL | -

    むむむ。

    一体なんでしょうか…

    現場に居たら結構焦りそうですね…

  2. 怠熊 | URL | -

    (-_-;)

    気になるぅ~O(><;)(;><)O

    原因はなんだったのですか?

  3. まだらぱんだ | URL | /tL8h4gs

    すみません、初めて書き込みます

    ヘソから下を時計回りに捻る(ひねる?ねじる?)っていうのがよく分からないんですけど、どんな状況なんでしょうか?

  4. コン | URL | JalddpaA

    新型インフルエンザが流行しています。
    救命医師は予防接種済みですが、どんどん倒れています。
    月曜安部医師、金曜吉村医師、土曜軽米医師。
    本日夕方、野辺地町からドクターヘリ出動要請が入りましたが、
    日没間際のため、お断りしました。あと5分早ければ出動できましたよ。
    お尋ねの質問におこたえします、
    失神の原因を入院させて調べました。
    心臓・不整脈ではありませんでした。
    安静時発症ではなかったですからね。
    出血脱水でもなかったです。
    会合で興奮した可能性ありです。迷走神経反射の可能性あり。
    薬剤の内服ありました。
    アルコールを普段飲まない人ですがこの日は本人から聞くと結構飲んだと言います。
    したがって、アルコール+薬剤+迷走神経反射と考えました。

    臍から下をひねるは、腰と膝が右を向いて、胸と顔が左を向くです。
    医学的な意味はなく、そのまま描写しただけです。
    つまり、全身脱力を意味します。ふつうは椅子にもたれてそんな体位を取りません。不自然です。

    明日は、difficult airway実技講習会、中心静脈穿刺実技講習会です。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/595-f4051773
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。