白神山地へ出動 その1

2010年11月16日 23:40

この日は青森県全域出動可能。
午前10時55分、弘前市消防からドクターヘリ要請が CS に入った。
「白神山地の元西目谷村地区で、きのこ採り男性が呼吸なし、おそらく心肺停止。
 青森県ドクターヘリ出動願いたい」

「出動できます。ランデブーポイントは?」
聞きながら CS はスイッチを押して、ドクターヘリ出動のパトライトを点灯させる。
「アクアビレッジあんもんの駐車場」弘前消防
CS は続けて、ドクターヘリ出動コードブルー PHS に一斉通信をかけた。

河野医師と安部医師のPHSが鳴った。液晶には「ドクターヘリ出動」の文字。
ドクターヘリ通信司令室に入った二人に、CSが手短に伝えた。
「西目屋地区、おそらく CPA の男性1名」
二人は CS 室を飛び出し、ヘリポートへ走り去っていった。

11時01分、離陸。
白神山地までは、十和田湖越えで115km。

「青森ドクターヘリ、11時01分離陸。
 天候はどうでしょう、直線で十和田湖越えできますか?」
離陸してすぐ、整備士から確認を求める無線が入った。

CS の返答は「ただいまライブカメラで確認しています・・・・・
OK、天候よいです。越えられます。」
「それでは、ダイレクトに向かいます。到着まで30分」
「ランデブーポイントはアクアビレッジあんもん駐車場、GPS番号は○○○」
「青森ドクターヘリ了解」

私は CS 室に残って後方支援に入る。
やがて弘前消防から電話が入った。
「ランデブーポイントのアクアビレッジあんもん駐車場には現在、大型バスが駐車中。
 これから施設管理者に連絡して移動させますが、
 もし上空から見て着陸できなければ、第二選択は砂子背へリポートで宜しいか。
 救急隊の現場到着まで、あと8分」
弘前消防は用意周到だった。
さっそく CS が、この情報をドクターヘリに無線で伝えた。

11時09分、機上の河野医師から無線が届いた。
「青森ドクターヘリ1より八戸市民病院どうぞ、弘前大学に収容を依頼して下さい」
「はい了解、以上八戸市民病コンでした」

私は弘前大学高度救命救急センターのホットラインにかけた。
「はい、弘前大学高度救命救急センターです」2回のコールで医師が出た。
すばらしい。見違えるように成長した。きちんと医師が最初に出る。
救命救急センターはこうでなくっちゃ。

「青森県ドクターヘリ通信指令室コンです。
 ただいま青森県ドクターヘリが西目屋地区に出動中です。
 きのこ採り男性、おそらく心肺停止です。収容をお願いします。
 今から45分後くらいに弘前大学屋上へリポートへ着く予定です」
「いいですよ」

EC135が十和田湖外輪山を越えると無線が通じなくなる。
お礼を述べて電話を切った後で、直ぐに無線のマイクに向かった。
「八戸市民病院から青森ドクターヘリ1どうぞ、弘前大学受け入れOKです」
「了解しました」

(続く)


コメント

  1. iPodMA | URL | E8GGD58M

    ドクターヘリ通信指令室コン
    のコンって何ですか?
    気になります。

  2. コン | URL | -

    Re: タイトルなし

    『はい!救命救急センターのコンです』

    通信指令室からの無線送信者として、名前をつけました。

    > ドクターヘリ通信指令室コン
    > のコンって何ですか?

  3. iPodMA | URL | gUG2FlZQ

    そんなのですか!
    ありがとうございます。

  4. かな | URL | -

    コンについて

    かの有名な救命のコン先生だと思いますよ(´Д`)

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/542-8f76c6c7
この記事へのトラックバック