FC2ブログ

トラクターに轢かれて股関節脱臼 その8

2019年04月18日 18:12

気道よし、呼吸改善、循環は骨盤骨折はあると思うが今は安定、意識は一桁。体温は下がっていない。
田中医師はERに電話を入れた。
私は、隊長に
「ヘリコプターへ収容お願いします」
外側から開けられたハッチドアの周りには、
ポンプ隊が待機していた。
バックボードの頭側には秋元隊長が、つく。
ストレッチャーが通常位置より右側にスライドさせていたので、
我々が立っている右側は幅20cmしかなかった。
私の膝にストレッチャーの縁がこすれながら、
ストレッチャーが車外へ引っ張り出された。
「秋元隊長、胸腔ドレーンを入れてからの酸素飽和度はどうでしょうか」私
「98%です。改善しています」
「これなら、ヘリコプターで高度を上げても大丈夫だ」私

患者をヘリコプターに収容する。
ナースはいち早くヘリコプターに乗り、
患者ストレッチャー後部を押す整備長と連携して
患者をヘリコプターに収容する。
収容が終わった後に、
私は救急隊長に近づく。
家族と電話で連絡をとれていること、
家族が自家用車で八戸ERへ向うこと。
患者家族から救急隊が電話で聞き出した
グンバすなわち、
原因、訴え、飯、病歴、アレルギーを聞き出す。
頭文字をとってGUMBAと呼ぶ。
意識障害があって本人から聞き出せないことを家族から聞くのだが、
ドクターヘリの現場活動15分間では、
たいてい聞き出せない。
救急隊はそれをわきまえていて、
現場離陸前に教えてくれる。
緊急処置をしている間は救急隊から聞き出す余裕がこちら側にない。
現場離陸前のシンガリの需要な役目だ。
「クロピドグレルと言う血液サラサラ薬を飲んでいます」隊長は教えてくれた。
クロピドグレルを飲んでいると、出血が止まりにくい。
シンガリのもう一つの役割、
忘れ物チェック。
以前、超音波装置を救急車内に忘れたことがあった。
忘れ物がないことを確認するため、救急車内を見る。
大きなものだと気づく。
この日は、忘れ物がないと思った。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2823-d97e6367
    この記事へのトラックバック