FC2ブログ

トラクターに轢かれて股関節脱臼 その4

2019年04月12日 18:24

2回目の左旋回に入ると、
白車が動き始めた。
患者収容と車内観察がおわり、
ランデブーポイントの三本木高校グラウンドへ向かう。
2回目の旋回では、トラクターの変形を見る。
周囲の土の盛り上がりを見る。
いづれもなかった。
おそらく、静かに轢過されたのだろう。
車両の重みとタイヤの轢過だけなら、
エネルギーは少ないはず。
走るトラクターに轢過されたのとは違う。
機長は、
「周囲に着陸できそうな場所がありません。
もしあれば、医師ナースのみ降ろして、ヘリはグラウンド待機と考えましたが、
それは不可能です。
このまま、高校グラウンドへ向かいます」
「了解」私

「十和田救急1より八戸ドクターヘリ11どうぞ。
患者情報です。
血圧120、脈拍110、呼吸数28、意識二けた、SpO2 ルームで、酸素10Lで92%、呼吸音左右あり、骨盤を痛がります。バックボード固定、骨盤サムスリング固定しています。」
「胸部外傷と骨盤外傷ですね。
骨盤固定サムスリングはそのまま使用して下さい。
胸部ドレーンを入れることにン備えてシャツを切っておいてください」私

機長
「あと2分でランデブーポイントへ着陸です。」

「橋本さん、32フレンチ胸腔ドレーンとイソジン、ドレープの用意ね。
意識がいいなら、局所麻酔するよ」
橋本
「はい」

EC135は野球場の緑の芝に着陸した。
県立三本木高校は、救急後期研修医の山端医師、フライトナースの沼宮内、和島の母校。
以前重症熱中症がこのグラウンドで発生し救命したこともある。
校長先生はドクターヘリのよき理解者だ。
野球場の内野の芝にドクターヘリが着陸する。
そして、救急車が芝に乗り入れる。
こんなことを許可してくれる。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2818-59292b1c
    この記事へのトラックバック