FC2ブログ

漁船出漁前のVF

2018年11月04日 18:49

八戸港は大きい。
全国各地から漁船が集まる。
遠くは、中国地方所属の漁船も交じる。

夏の朝。
その漁船は宮城県石巻市の所属。
その漁師の多くは、石巻の人。
着岸中の漁船のなかで、
漁師は作業中に倒れた。
作業中の同僚が気づく。
作業中の上司は呼吸停止だと思った。
午前4時30分119通報が同僚からされた。
上司は岸壁で胸骨圧迫を開始した。
八戸消防指令室では、
直近の救急隊、
八戸東救急隊の若木隊長が出動させる。
さらに現場により近い小中野消防署からは、ポンプ車が同時出動させる。
3分後に2台はサイレンを鳴らして出動した。
4時39分。2台は同時に現場に到着した。
上司が岸壁でCPRをしていた。
若木隊長は頸動脈を触り、心停止を確認した。
隊員にCPRを引き継がせた。
そしてAEDパッドを胸に貼った。
機関員がバッグバルブマスクで換気した。
人工呼吸で胸がよく上がった。
4時41分AEDからの電気ショックメッセージが出た。
若木隊長は波形VF、脈なしを確認した。
隊員を離れさせた。
オレンジ色のショックボタンを押す。
直ぐにCPRが再開する。
呼吸は出てこない。
動きもなし。
CPRが2分間行われたころに、
4時41分、再びAEDからショックメッセージが出た。
1回目と同じように、
人を離れさせて、電気ショックボタンを押した。
直ぐにCPRを再開する。
動きはなし。
CPRを続ける。
4時44分自発呼吸が出てきた。
だが頸動脈は触知しない。
CPRしながら車内収容する。
車内での心電図波形はPEAだった。
心電図上で波形はあるが、
頸動脈を触知しなないことをPEAと言う。
4時48分現場を出発する。
4時53分搬送中に頸動脈を触れるようになった。
人工呼吸だけを続けた。
午前5時ちょうど病院着。
開眼している。
男性には心臓カテーテル検査が始まった。

救命救急センターに入院する。
10日後、石巻市へ元気に帰宅した。
漁業都市八戸の救急体制を自慢するかのように。

後遺症なし。
劇的救命だ。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2757-778d32d1
    この記事へのトラックバック