FC2ブログ

深夜ピックアップドクターカーで医師3名出動 その5

2018年10月24日 18:44

先の重症赤2名の処置次第で、この女性に処遇を決めることにした。

1 ○歳代男性。
救急隊現場STARTトリアージ赤。
SCU でのPAT法triage赤。
PAT法triageとは
身体所見から緊急度重症度を決めるもの。
スタート法トリアージより正確。
ただし、診療技術と診療時間を要する。
顔面外傷と気道出血による気道閉塞、
血圧130、意識昏睡状態JCS100,GCS7、
森医師と藤田医師2名で輪状甲状靭帯切開後に森医師1名が同乗し現場出発した。
ER入室後、頭部外傷の手術を開始した。
予測位救命率46%
劇的救命

藤田医師は輪状甲状靭帯切開後に救急車を下りて、
2番目の救急車へ移った。


2  ○歳代男性。
救急隊現場STARTトリアージ赤。
SCU でのPAT法triage赤。
橈骨動脈触れず、心拍数110、
呼吸数20、意識昏睡状態JCS300,GCS3、
救急車内で佐々木医師が気管挿管した。
藤田医師が蘇生的左開胸術施行。
末梢の血管が浮き出なかったので、
骨髄内輸液を開始した。

医師2名同乗し現場を出発した。
この時点で、
3番目の女性の追加処置はあきらめた。
救急隊単独で八戸ERへ搬送を隊長に告げた。
20歳代男性はER到着時心肺停止状態.
ERで緊急開腹手術を開始した。
肝臓、脾臓損傷があり。
心拍再開することなく、永眠した。

単独傷病者のドクターカー活動時は、
救急隊長の下に医師が着く。
指揮権は救急隊長にある。
医学的問題や緊急処置の時は、
医師が隊長の一時的に上位になるが、
落ち着き次第に、
指揮権を隊長に譲る。
一方、SCUでは、ほぼ病院の管理に似る。
したがって、そこは現場近くではあるが、
指揮権は医師が取る。
救急隊長から情報をもらい、
医師が全てを決定する。
それがSCU。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2753-fe212008
    この記事へのトラックバック