FC2ブログ

救急画像診断 「超」入門

2018年10月05日 17:03

書評です。
船曳

救急画像診断
「超」入門
見逃さないミカタ(味方)
悩める研修医・当直医のミカタ(味方)になる
船曳智弘
4700円
メディカル・サイエンスインターナショナル

著者の船曳医師より今日ゆうパックで届いた。

表紙は黄色いに青に、赤い帯。
信号カラーだ。
止まれ、注意、進めの意味だ。

夜間休日に、画像診断にたけた医師や臨床経験が豊富な医師が不在なことが多い。
当直医は自分でクリアしなければならない。
それぞれの医師が自らの経験に基づいて画像診断を行う。
そんな時、画像の解釈が問題となる。
なぜなら、本当は不得意分野の画像診断なのに、できると思い込んでいる医師が多いからだ。

本書は危機的所見だけは読みとれるようになりたいという読者に対してわかりやすく書いてある。
写真もきれいだ。
イラストに出ている眼鏡姿のスクラブの医師は船曳医師そのもの。

脳梗塞の解説が単純で優しい。
腸管虚血の内容が濃い。
索引を見て、弱点の分野の拾い読みでも理解できる。

お勧めの4700円だ。
インターネットで買うもよし。
書店で見てから買うもよし。
秋の学会会場で他書と見比べてもよし。

今明秀


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2745-01673246
    この記事へのトラックバック