痙攣重積 その3

2018年07月07日 18:02

EC135は機種を少し前下にして10秒後には高度300mに浮かんだ。
左には八甲田山があるはずだが、白い雲で見えない。
きっと、八甲田山方面は雪なのだろう。
八甲田山中の酸ヶ湯温泉では積雪が4mを超えたという。
右下に、建設中の屋内アイススケートリンクが見える。
平昌オリンピックで活躍した、
高木姉妹は、2年後には、
八戸の新築リンクで行われる国体に出場してくれるはずだ。
白い雪に浮かぶ街のビルがきれいだ。
高度400mで北に向かう。
右には青い太平洋が見える。
東側はすみった青い空が続いている。
6000km先にはハワイ諸島があるのを想像できる青さだ。
整備長が無線を入れた。
「八戸ドクターヘリ11より、消防八戸どうぞ」
「消防八戸です」
「八戸ドクターヘリは、三菱製紙工場に向けて飛行中。
到着まであと5分」
「消防八戸了解。現場の救急隊はおいらせ救急1、現場到着済み、
おいらせ救急1と無線交信して下さい」

「八戸ドクターヘリ11よりおいらせ救急1どうぞ」
「おいらせ救急1です。患者情報です。
痙攣ありましたが、今は止まっています。
バイタルサインは○○○」
機長はが、室内通話で話しかけてきた。
「まもなく着陸です。
もう一度シートベルトを確認してください」
「はい」「はい」「はい」
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2714-af40e4bc
    この記事へのトラックバック