移動緊急手術室元年

2018年06月11日 18:07

救急医学会東北地方会が6月16日山形市で開催されます。

一般演題に採用されました。
「移動緊急手術室元年」

【はじめに】
遠隔地で発生した出血性ショックと心肺停止に対して、
現場近くに根本的治療が可能な手術室を出動させることで救命する研究を
2012年八戸工業大学と共同で開始した。
2013年青森県ライフイノベーション戦略に指定された。
2014年試作車1号、2号(ドクターカーが手術室を牽引する)実験を行ったが国土交通省から使用許可が下りなかった。
移動緊急手術室運行前段階として、
有効が推測される症例がどの程度あるかを明らかにするために、
過去5年間の八戸ドクターカーの長距離出動例を後方視的調査した。
2015年試作車3号(自走式)が当院倫理委員会で承認された。
2015年10月3号実車が完成した。
2015年11月青森県庁から
「病院の手術室以外で手術を行うことは医療法上認められない」と移動緊急手術室の使用中止通達が届いた。
2016年2月23日衆議院で「ドクターカーの中で手術が可能であると判断すべきではないか」と議論がされた。
2016年6月厚生労働省から
「緊急避難的にドクターカーの中で手術を行う場合は(手続きがなくても)やむを得ない」と回答が来た。
2016年7月1日移動緊急手術室・ドクターカーV3の運用を開始した。

【結果】
2年間で要請10件(外傷2例、
心肺停止8例)、
途中キャンセル7例、
病院前 extracorporeal life support(PH-ECLS)実施3例、
外傷開胸手術なし。
PH-ECLSの3例中1例はCPC1で退院した。

【考察】
フランスのドクターカーを運営するSAMUはMobile ICUで医師が現場へ出動し、
PH-ECLSを開始している。
彼らは、車両内ではなく、青空下、建造物内でもPH-ECLSを行っている。
適応は
AEDを用いたCPRに20分以内に反応しない症例で、
No flow time<5分
かつVF/VTまたはPEA、
かつETCO2>10mmHg
かつ虚脱後60分以内の開始(100分まで許容)となっている。

【結語】
衛生面を考慮した移動緊急手術室を開発したが、
医療法に抵触し使用開始が遅れた。
フランスでは同手術を青空下で行っている。
制度の違いを感じた。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2699-a3f945c3
    この記事へのトラックバック