FC2ブログ

交通事故2件同時発生 その5

2018年03月15日 18:58

栗原医師のドクターカーは下田の警察署前の交差点を大きくUターンした。
そして対向車線の路肩で停車した。
数秒後、救急車のピーポーサイレンが近づいてきた。
ドクターカーの後方にピタリとくっつき、
救急車は停車した。

栗原医師は救急車の後ろに回りこんだ。
後方から近づく普通車に対して、
大きく手の平をパーの形で、
合図してから救急車のハッチドアを跳ね上げた。
後方からの車は、徐行してくれた。
そして、第一車線から第二車線に進路変更し、
ゆっくりと停車していた救急車を追い越した。
救急車には、青い外傷バッグと赤い救急バッグ、
黄色い超音波装置バッグを持て乗り込んだ。
雨は降り続いていた。
救急車内には、家族の姿はなかった。
救急隊員は外からハッチドアを閉めてくれた。
栗原医師は、橈骨動脈を触った。弱く触れた。
血圧は測定不能だった。
救急救命士が確保した末梢輸液ラインは正確だった。
これまで、200ml入っていた。
気道呼吸循環意識体温の順で診察する。
呼吸の評価は聴診器を使う。
呼吸の音は左側でやや弱かった。
経皮酸素飽和度計は、測定できないでいた。
おそらく脈波が弱いせいだ。
つまり低血圧のせいだ。
栗原医師は隊長に現場出発を上申した。
救急車はサイレンを鳴らして出発した。
揺れる車内で止血剤のトラネキサムを1バイアル注射した。
骨盤の固定帯サムスリングはそのまま使用継続した。
脈拍は本当に弱くしか触れなかった。
超音波検査は異常なし。
輸液はショックに対して全開の速度で落としていた。
意識の評価は、痛み刺激で開眼しなかった。
栗原医師はドクターカー携帯電話でダイレクトコードブルーPHSを鳴らした。
「患者接触しました。
ショック、昏睡、骨盤骨折、
輸血の準備お願います。」
受けたのは今野副所長。
PHSを切った後で検査室へ電話した。
「重症外傷がこちらへ向かっています。
O型輸血のオーダーが出ると思います」
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2630-10e57da8
    この記事へのトラックバック