交通事故2件同時発生 その4

2018年03月12日 18:34

ドクターカーに無線が入った。
救急隊が現場を出発したという。
「ショックと意識障害でロード&ゴー」
少しして今度はドクターカー携帯電話が鳴った。
「血圧測定不能、橈骨動脈蝕知できない、
意識はJCS三桁。
骨盤周囲の皮膚の血種と下肢の変形短縮あり、
骨盤骨折による出血性ショック。
心停止前のショックに対する輸液の特定行為の許可をもらいたい」
骨盤骨折にたいする、
骨盤固定帯サムスリングの許可をもらいたい」
栗原医師は
「輸液と、サムスリングをやってください。
ドクターカーは45号線北上中です」

栗原医師は気管挿管の準備を後部席で始めた。
「あとどれくらいですか」
「ドッキングポイントまであと3分です」

栗原医師はERに置いてきたダイレクトコードブルーPHSを鳴らした。
「はい、ダイレクトブルーです」野田頭所長
「○○町の交通事故事案です。
ショック、骨盤骨折疑い、意識障害です。
あと3分でドッキングです」栗原医師

八戸ERのテーブルに置いてあったダイレクトコードブルーPHSがまた鳴り響いた。
野田頭所長がでる。
「上十三消防指令センターです。
○○町で交通事故。
歩行者と車。
女性が1名意識なし。
ドクターカー2号の出動はできるか」
「えっつ、
いまドクターカー1号がその○○町へ出動中ですが、
その現場のことですか」
「いいえ、○○町で、同時に二事案発生しています。
2事案とも、意識なし」
「ドクターカー2号は出せません」
「はい、了解」
上十三消防指令センターは、2事案目は救急隊単独対応とした。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2628-b4d87087
    この記事へのトラックバック