スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

49歳男性CPA 前編

2017年04月11日 18:39

男性は仕事で八戸に来ていた。
市内のビジネスホテルに宿泊した朝。
チェックアウトの時間になり、
準備をしているときに、
何とも言えない胸部の痛みと
冷や汗が出た。
男性はフロントに電話した。
ホテルマンはすぐに7階の男性の部屋を訪れた。
男性はベッドに横になっていた。
明らかに病気だと思った。
それも重症。
10:08 ホテルマンは 119通報した。
10:10 八戸消防は救急車とポンプ車を同時に出動させた。
ホテル7階からの移動には手間取ることが多い。
ドアが狭い。
エレベーターが狭い。
場合によてはストレッチャーが使えない。
大きなホテルだと、客室から玄関前の救急車まで距離がある。
現場にはマンパワーが必要だ。

10:16救急車はホテルに到着した。
ホテルマンはエレベーターを確保していてくれていた。
7階までエレベーターで上がった。
予想通り狭いエレベーターだ。
10:17救急隊は客室で患者に接触した。
第一印象はショック。重症。
隊長はドクターカーを要請した。
酸素投与開始。
胸痛と背部痛を訴える。
かろうじて名前を言えた。
救急隊とポンプ隊は患者の搬送に取り掛かった。
ところが
患者の意識が落ちる。
そして呼吸が普通でなくなった。
顎だけが上がるパクパク呼吸、
医学用語で死戦期呼吸だ。
下顎呼吸ともいう。
これは呼吸停止。
心臓停止の時に現れる。
顔色が悪くなる。
痙攣をおこした。
隊長は搬送をいったん止めて、
呼びかけた。
反応なし。
痙攣の時に最初にすることは
脈の有無を見ること。
頸動脈と鼠径部の脈をみる。
頸動脈が触れない。
CPAだ。
すぐにCPRを開始した。
CPRしながら救急車内に収容した。
AEDを装着した。
解析では心室細動だ。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2542-5b46785c
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。