59歳心肺停止から社会復帰 最終

2017年04月09日 18:54

貫和医師はERに電話する。
「59歳男性、心原性CPA.電気ショック1回で心拍再開しました。
心臓カテーテル室の準備をおねがいします」
電話を切った貫和医師は
心電図12誘導検査、
心臓超音波検査、
採血を揺れる救急車の中で行う。
心電図はインターネットで八戸ERへ送られた。
21:47救急車は八戸ERに到着した。
呼吸も出てきた。

星空の駐車場にて心肺停止で発見された24分後に、
心拍再開して病院に到着する。
こんな町がほかにあるだろうか。

患者は心臓カテーテル室に移動した。
そして低体温治療が開始された。

12日後、
男性は元気に退院した。
現場でCPRした市民に感謝。
そして
救急隊長は高橋義一救急救命士だ。
実力ある救急救命士。
私が育てた。
この街は安全。

劇的救命!


59歳心肺停止から社会復帰 完




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2538-e3527ab4
    この記事へのトラックバック