冬の川に落ちた女性の劇的救命 最終

2017年03月05日 18:01

冬の川に落ちた女性の劇的救命 最終
ERでは
太いチューブが動脈と静脈に2本鼠径部から入れられた。
血液温度25度の黒い血液が吸引される。
血液温度計は低い数値を示していた。
黒い血は、人工肺に入る。
そして、39度に加温され酸素化された血液が再び
鼠径部のチューブから女性の動脈に戻る。
PCPSが回り始めた。

ドクターヘリが病院ヘリポートに着陸してから10分、
血管造影室入室後7分で
PCPSが確立した。
早い。
心室細動は続いていたが、
胸骨圧迫は終了した。

血液温は32℃まで順調に上がった。
今度こそと思い、電気ショックを行う。
うまく行った。
心室細動はなくなる。
代わりにきれいな心電図の波となる。
心拍再開した。
瞳孔6-/6-、対光反射はなし。
自発呼吸なしだった。
女性は頭部CT撮影に移動した。
CTでは、心配した脳虚血のサインはなかった。

救命救急センターで次第に瞳孔は縮瞳して
光の反射も
自発呼吸出現し、
手足を動かすようになった。

3日目、人工呼吸を終了し、
PCPSを終了できた。

4日目、
食事開始した。
家族は喜ぶ。
「元通りです」

劇的救命だ

冬の川に落ちた女性の劇的救命 完



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2525-b3aaa4be
    この記事へのトラックバック