冬の川に落ちた女性の劇的救命

2017年03月01日 18:52

女性は朝8時前には、
いつも通りに朝ご飯食べた。
少しして、家族は仕事に出かけた。

13時過ぎに家族は仕事から帰り、
女性の部屋を見に行った。
見あたらなかった。
不審に思った家族は
家の周りを探した。

認知症で迷子になっているのではないだろうか?
探す範囲を少しずつ離れた場所まで広げた。
13時45分くらいに家の裏の川(水位10~20cmくらい)の中で、
側臥位で倒れているところで発見。
運がいい。
冬の川は水かさが少なかった。
溺れるほどは水がなく、
でも、体の半部くらいは水につかっていた。
冬の川の水温は零度近い。
着衣はジャンバー2枚くらい着ていたが裸足だった。
冬の北国の川であり、
体温低下は簡単に予想できた。

救急隊接触時は、
血圧sBP60台、心拍数60台、shockだ。
開眼していたが視線は定まらず、
声かけしても反応なかった。
ただ、手は動かしていた。
意識障害あり。
救急車はドクターヘリとのランデブーポイントに向かった。

患者の発生場所の上空は雪雲の影響でヘリコプターはそこまで進入不能だった。
替わって、そこより南の街十和田市にランデブーポイントを設定しなおした。
低気圧の影響で、
視界がわるく、
ドクターヘリは十和田市より北には進めなかったのだ。
結局ドクターヘリは、発生場所より南の十和田市に着陸した。
そこから、十和田市の消防本部の協力を得て、
赤車で前進する。
その距離緊急走行で15分くらい。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2521-910cf8c1
    この記事へのトラックバック