理想の医師に近づく光

2017年02月28日 18:43


八戸救命卒業生の
木川 英医師の文章が雑誌に載りました。
転載します。
木川英めからうろこ

「理想の医師に近づく光」
川越救急クリニック 副院長 木川 英
Doctors magazin2017年3月号

かつて自分が患者だった頃、
技術を持った心温かい、
優しい医師にかかりたいと思うもかなわず、
それだったら自分がそうなるしかないと夢見ていた少年時代。
その後、医師になって駆け出しの時期、
3日に1回の当直や休日出勤するたびに、
他の人が休んでいる時に何でこんな苦労してまで働いているのだろうか。
自分が心から望んでなれた職業はこんなにつらいものなのか。
などと、弱音を吐くことも多く、
自分を見失っていた時に、
「生きることの最大の障害は期待を持つということであるが、
それは明日に依存して 今日を失うことである」(セネカ)
という古代ローマの偉人の言葉に救われた。
今を懸命に生きることが明日につながることを信じて、
日々を生きてきた。
そして自分の医師という職業に対する熱意を回顧して、
医療の原点である救急の分野に進む決意をした。

現在は、破天荒な夜間救急専門クリニックで診療をしているが、
救急医療の原点を教えてくれたのはかつてこのコラムで
「太平洋漂流溺水心停止」をPCPSで劇的救命した今明秀先生である
(このコラムにちらっと私が登場していた) 。
今でこそ、
八戸救急は一つのブランドになっているが、
最初からそうだったわけではない。
院内、行政、さまざまな壁にぶつかりながら、
その都度突破して、
夢を実現してきたのを目の当たりにしてきた。
一次から三次まで全ての救急患者を診察し、
さまざまな夢を持つ仲間たちと過ごした日々は、
本当に「劇的」な筋書きのないドラマだった。
北国青森県で経験した全ての出来事は今の私の血となり肉となっており、
そのスキルを発揮するためにここにいる。

しかし、この数年ですっかり医療業界の人間になっており、
変な自信が付いてしまい、
体中にウロコが付いてしまったことを自覚していなかった。

その北国で非医療者である妻と結婚し、
子供にも恵まれた。
勤務時間が不規則な上、
帰宅すると睡眠に陥ってしまうので、
会話の中で仕事の愚痴っぽいことを言う機会は少ないのだが、
そのような中で医療者としては常識でも、
一般的には常識でないことがある。

木川「いやー、真夜中にちょっとした発熱くらいで救急車を呼ぶかねー。
そのまま寝かせていればいいのに」
妻「あなたが医者だから、この子は病院に行かずに済んでいるけど、
普通の人なら心配に思うでしょ」
木川「ノドの辺りから変な音がして苦しそうって連れてきたんだけど、
あれは明らかにしゃっくりだから、
わざわざ病院に来る必要はないんじゃなかったかなー」
妻「あなたはしゃっくりってすぐに分かるかも知れないけど、
普通は呼吸がおかしいと思うでしょ」
木川「アナフィラキシーならもちろん緊急事態だけど、
はちにちょこっと刺されたくらいで病院に来るのかなあ。
痛みがひどいとかかゆいならまだ分かるけど」
妻「はちに刺されたら、病院に行くでしょ。
何が起きるか分からないもん」
子「おなかいたい」
木川「どれどれ、パパが診てあげるよ」
圧痛なし、その他の所見も異常なし。
その後、普通に走り回っている。
木川「本当に痛いのかなあ。メンタル的なものか」
妻「あなたはいやなことがあって、
お腹が痛くなったことがないんでしょうけど、
本当に痛いんだよ!適当なこと言わないで!」

かつて自分が一番嫌いだった
なりたくなかったような医師になってしまい、
それに気付かぬままここまで来てしまった。
しかし、そんな自分に対して厳しくも適切なコメントをくれた家族に救われた。
もし妻が医療者であったら、
私の文句に同意してしまっていたかもしれない。
患者さん一人ひとりと真剣に向き合って、
患者さんに優しくありたいという医師を目指した原点を教えてくれた
妻と子の言葉や態度で目からウロコが落ちたのである。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2520-084cc4ef
    この記事へのトラックバック