顔面外傷にサンダーバード作戦 最終

2017年02月26日 18:12

ナースはイソジンを渡してくれた。
左胸のシャツは切り開かれていた。
私は男性の左腕を頭側に挙げた。
これで、肋骨の間が開く。
開くと、手術しやすい。

円靱〈丸いメス〉を使う。
胸骨左から中腋窩戦(広背筋の手前)まで、
左乳頭より4cm下方を弓状に切開した。
メスは3回引く。
皮膚、脂肪、筋肉、
胸膜はペアン鉗子で突き破る。
穴をあけた胸膜にハサミを入れる。
内側、外側の順で胸膜とそれにくっついている筋肉を肋間で切開する。
私は、両手で、肋骨をつかむ、そして、
切開した創を開大した。

創から見えた肺は、出血していた。
血胸はすこしある。
心臓破裂はない。
大動脈損傷は見えない。
横隔膜破損ない。

右手の平で心臓を握った。
大きさは普通。
手のひらサイズだ。
心嚢液はない。

心臓マッサージをしながら、指示を出す。
「佐々木先生、呼吸数は12回。過呼吸は心臓によくない。
静脈還流が減るから。」

「隊長、現場出発してください。
陸路出ERに運びます。
ドクターヘリは帰ってもらってください」
現場滞在時間は4分だった。

開胸術で心拍再開すれば
ドクターヘリ搬送を考えたが、
今回は、心静止状態であったので、
CPRを継続しやすい陸路搬送を選択した。
17分後に救急車はERに到着した。

残念ながら奇跡は起きなかった。

合掌。

(続く)

顔面外傷にサンダーバード作戦 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2518-1b9e8e05
    この記事へのトラックバック