スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

気胸 その2

2017年02月20日 18:59

屋根から墜落 その2
上空では、酸素飽和度が落ちた。94%に。
高度を上げると酸素飽和度下がった。
健康な人間でも、
高度を上げると酸素が血液に溶ける量が減る。
酸素飽和度げ減ることで気づく。
三浦雄一郎氏がエベレスト登頂に成功したときに、
酸素吸入をしていた。
高度が高いと酸素飽和度が減るからだ。
三浦雄一郎氏は青森高校卒業生。
数年前、日本航空医療学会で特別講演をしたことがある。

はちのへERには、
循環器の医師が集まってきた。

胸痛の場合に、
5つの致死的胸痛をまず考える。
1心筋梗塞
2大動脈解離
3肺塞栓
4緊張性気胸
5特発性食道破裂

私が連れてきた男性に対して、
心電図検査と心エコーが行われた。
決定的な異常な所見はない。
心筋梗塞の可能性は残るが、
2回目の心電図結果まで保留する。
2度目以降の心電図で心筋梗塞の所見が出てくるのが、
11%ある。
それらは一度目の心電図は正常だったという。

であれば次に移る。
血圧はいいし、
胸部、頸部に皮下気腫はない。
頚静脈は腫れていない。
これらは緊張性気胸の所見だ。
緊張性気胸は、
外傷と、人工呼吸中に起こりやすい。
ケガでなく、身体所見も特徴的なものがなければ、
緊張性気胸はないと判断した。

小さな気胸があるかどうかは胸部レントゲンで見ればいい。

次は胸部レントゲン。
上縦郭が拡大する大動脈解離を考えるからだ。
両腕の血圧に左右差(15以上差、20以上という本もある)あると決まりだが、
ないからと言って否定はできない。
背部痛が激烈で、移動すればさらに大動脈解離らしい。
この3つともあれば、100%大動脈解離だ。
しかし、大動脈解離の中に
3項目の一つも当てはまらないものが、7%ある。
やはり侮れない。
この患者の痛みは大動脈痛とは違う。
おそらく大動脈解離ではないが、
確認するためにCT検査が必要だ。
7%の見逃しをふせぐためにCTを検査をする。

胸部レントゲンでは、
気胸が見つかった。
胸痛の原因だ。
小さな気胸だ。


大動脈解離を疑ったらCT検査だ。
CT検査を行うことになった。
ついでに、気胸の大きさもわかる。
ほかの、致死的胸痛(肺塞栓、特発性食道破裂)もわかる。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2513-0fe21cc2
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。