工場で墜落事故 最終

2017年02月16日 18:56

いま、手術室でレントゲンイメージを使い血管造影するのなら、
すぐにでも可能だ。
血管造影室での血管内治療より、
ここ、手術室での血管内治療のほうが、
早くできる。
早くできれば、
輸血量を減らせる。
凝固機能も早く戻る。
昆医師に電話を掛けた。
「はい、それなら、手術室で血管造影します」

大腿の止血手術が終わったころ、
続けて、手術室の骨折牽引手術台で昆医師と田中医師による
血管造影が始まった。
出血部はすぐに分かった。
深大腿動脈だ。
血管内塞栓術もうまくいった。

藤田医師が手術室に戻ってきた。
「入院患者さんが、
心筋梗塞になりました。
心臓カテーテル室へ移動前に、
心肺停止になりました。
難治性VFに対して
PCPSを導入しました」
「重症外傷の手術と
PCPSを同時並行でやっていたんだ」私
「はい」明るい返事だった。

我々は輸血を継続しながら、
男性を手術台からベッドに移した。
血管造影と止血術で止血は完了した。
午前0時を過ぎたころ、
ようやく、男性は
救命救急センターに入院した。

隣のベッドには、
胸腔ドレーンがつながっている患者が寝ていた。
「あれ、この患者は何?」私
「工場墜落外傷のすぐ後で、
屋根から墜落した外傷にドクターヘリが出ています。
木村医師が運んできた、
もう一人の重症外傷です。
気胸、背骨の破裂骨折、骨盤骨折です。」近藤医師

年末のERには、重症患者は重なって運ばれてくる。

国民が、通常の医療者が休息している時期に、
救命救急センターは大活躍する。

「今年は、元日が日曜日で損した気持ちですね」研修医
「なに言っているの、
日曜日が元日だと、
年末年始の連休が6日で終わる。
ほっとします。
いつだったか、9連休の時は、
激しい終わりのない救急診療で苦しかったです。
今年は、6日で終わるので
よかった」伊藤香葉医師が笑って言う。



工場で墜落事故 完



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2508-e9f6053c
    この記事へのトラックバック