サンダーバード作戦南部町 最終

2017年02月03日 18:42

ワンボックスカーのもう一人の患者は、
バイタルサインはOk
気道呼吸循環は異常ない。
腹部に圧痛ある
八戸ドクターカーと国道上でドッキング計画を立ててた。

梅谷医師は、3人目のトラックドライバーに接触する。
「下腿骨折疑い」

ドクターヘリでどちらを運ぶか迷った。
腹部外傷はすでに
ドクターカードッキングを目指して陸路移動開始している。
挟まれ外傷か
CPA開胸患者か

挟まれ外傷患者は、
循環が安定していた。

結局、開胸手術中の男性を空路搬送することにした。

・・・・
八戸ERには
栗原医師による陸路搬送、ドクターカーの患者が先着した。
腹部外傷で手術室の準備が始まる。

少し遅れて
挟まれ救出から開胸手術のドクターヘリ男性を
私と工藤ナースでERに入れた。


そして、
20分後に
陸路搬送、下腿骨折患者が
梅谷医師ともに搬入された。

ERでは3名の外傷診療が行われた。

・・・・・・・
ドクターヘリが現場直近に着陸。
国道をドクターカー1号が現場に向けて南下し、
第一救急車とドッキングする。
ドクターヘリ医師が二手に分かれて、
それぞれを緊急処置し、
優先順位をつけて
それぞれを搬送する。

そしてすべての重傷外傷患者を
マンパワーのある八戸ERに集約する。

わずかな反省点はあったが、
結果はよかった。

サンダーバード作戦を決定した
八戸消防、指令課上村救急救命士に座布団1枚!

サンダーバード作戦南部町 完



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2498-121ec301
    この記事へのトラックバック