スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

サンダーバード作戦南部町 その4

2017年02月02日 18:30

乳頭の下に緩やかな孤を描くように
8cm、
10番丸刃メスを入れた。
皮膚と脂肪はそのまま一気に切る。
下の赤い筋肉を2回目のメスさばきで切る。
3回目は、注意深く一部分のみにメスをこすり黒い胸膜を破る。
指をこじ入れ、
開胸の穴を広げる。
メスを静かに左右に注意深く進めて、
左右に開胸創を広げた。
この間
ハサミも鉗子も使わない。
現場開胸ではスピードが大事だ。
道具が用意できる時間を待たない。
両手で第5と第4肋骨を持ち、
間を広げた。
その間に、右手を差し込み、
患者の心臓をつかむ。
止まっていれば、
親指と残り4本の指で、
優しく、深く心臓を押しつぶしたり、
離したりする。
開胸心マッサージだ。
これを2分行い、次に
下半身の血流を止めて、
脳に血液を集中させるために、
大動脈を、横隔膜の上で閉鎖する。
わたしは、ここで初めてナースに指示する。
1回目の指示は「メス」だった。
2回目は「サテンスキー大動脈鉗子」と
背骨の左端にくっついている大動脈を肺の裏で触った。
右親指と右示指でピンチを作って、
弾力性のある胸膜にわずかに穴をあける。
大きく開けると、
肋間動脈を傷つける。
傷つけるとそのあと止血が大変だ。
大動脈をピンチに中につかむ。
滅菌袋に一個だけ入れているサテンスキー動脈鉗子を、
滅菌袋の端を切り開き。
袋の先から
鉗子がわずかに出るようにして。
ナースは袋の外側を持ち、
私は袋の中に手を入れて
鉗子を取り出す手順。
「サテンスキー」そう静かに言った私に、
ナースは予定通り鉗子を渡してくれた。

大動脈を鉗子で閉鎖し、
心臓マッサージをする。
心臓は動いているが、
脈波遅い。
経験が少ないと食道と大動脈を間違える。
拍動が停止している大動脈は食道に触った感じが似る。
わたしは、しっかりと大動脈周囲にサテンスキー鉗子を入れた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2497-495efeb9
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。