スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日経メディカルカデット6位

2017年01月27日 18:01

日経メディカルカデットから転載です。

「心停止発生、現場は医局」
2016/9/27 掲載

 午前8時25分。
朝の通勤時間帯にそれは起きた。
現場は、なんと八戸市立市民病院の医局だ。
多くの医師が医局の前を足早に通り過ぎ、
自分の持ち場へ急ぐ中、
60歳代の男性医師が医局で突然倒れた。
目撃していた内科部長がすぐに呼び掛けたが、
反応がない。
内科部長は、
近くを通りかかった4年目医師に大声で状況を伝えた。

 男性医師は仰向けで意識がない。
口を弱くパクパクする死戦期呼吸の状態だった。
4年目医師が頸動脈を触るが脈はない。
ここは病院の医局。
救急患者がよく発生するパチンコ屋や銭湯ではない。
最も安全な病院、その中でさらに安全と思われる場所だ。
4年目医師は、その場で男性医師の白衣の胸を開き、
胸骨圧迫を開始した。
通りかかる若手や救急担当、婦人科医なども次々に騒ぎを聞きつけ、
ERに電話する者、
AEDを取りに行こうとする者など、
次第に人が集まってきた。
しかも当然ながら、全員が医師だ。

 医局は建物の2階にあり、
50mほど離れた場所に赤と白のAEDボックスがある。
扉を開くと周囲に大音量の電子音が鳴り響く。
1分もしないうちにAEDとバックバルブマスクが医局に届けられ、
大勢のプロが、
交代でCPR(心肺蘇生法)を続けている。
血の気が引いた胸の皮膚にAEDパッドが貼られた。

 「ショックが必要です。
充電します。
離れてください。
オレンジ色のショックボタンを押してください」
という自動音声が流れる中、
医師の1人が強くショックボタンを押した。
心停止から電気ショックまで2分、
男性医師の体は床から3cmほど跳ね上がる。
すぐにCPRが再開され、
電気ショックから10秒後、男性医師は開眼した。

 倒れた男性医師を、
みんなで床から持ち上げてストレッチャーへ乗せた。
これで助かったはずだと、
その場にいたみんなが思っていた。
ところが、
ストレッチャーに横になった男性医師の手足が痙攣を始めた。

 「またVF(心室細動)だ!」。
救急医が頸動脈を触りながら叫ぶと、
向かいの医師がCPRを再開した。
2回目のAEDが作動し、続けて救急医師はアミオダロン(不整脈治療薬)の点滴を始めた。

「大丈夫、治しますから」と私が声を掛けると、
男性医師はしっかりとうなずいた。
30分後、
循環器医により、心臓カテーテル治療が始まった。

 この件が教訓となり、
半年後に医局内にAEDが設置された。
今度はもっと早くAEDが使える。

おっと、そのときに患者になるのは誰だ?


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2492-af002f06
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。