ドクターカー・ジェット機 その4

2017年01月18日 17:14

後部席の二人に、挨拶をする。
「救命救急センター所長今明秀です。
緊急事態ですので、
ドライバーは私です。
よろしくおねがいします。
三沢空港まで30から40分です。」
「所長自らおそれいります」
「いえ、ドライバーを用意できませんでした。
でも大丈夫です。
緊急走行の経験は専属ドライバーの次に私はありますから」
運転席右下にある
ピーポーサイレンスイッチを押した。
けたたましいピーポー音が天井から室内に響いた。
3000ccターボエンジンの低い排気音とサイレンがシンクロナイズする。
見送りの院長や職員に会釈をして
私は緊急自動車ドラバ―になりきった。
以後、わたしは、後部席と会話することなく、
運転に集中して前を見た。
医療のことは考えない。

公道を走る周りの車たちは優しく車線を譲ってくれた。
ドクターカーが完全に認知されているこの街の有利点だ。

離陸の30分前に空港に到着した。
二人の医師と初めてまともな会話をした。
そして別れた。

帰りは、通常走行で走った。

病院へ1時間後に着いた。

臓器提供手術はすべてが終了していた。
・・・・・
もう一つのイベントがあった。
それは、先ほど摘出された腎臓のこと。
その一つの腎臓が
八戸市立市民病院で
患者に移植される。

腎臓移植手術はすでに八戸市立市民病院で始まっていた。
臓器提供手術と、
臓器移植手術、
両方を同時にできる施設は国内にそう多くない。
病院の総合力だと思う。
一流の証だ。
・・・・・
この日の臓器提供や
腎臓移植手術とは無関係に
ERは大混雑していた。
腎臓移植手術が佳境に入ったころ
ドクターカー1号が出動した。
(続く)


//////
記事内容から患者が特定されないように
掲載時期は、大幅にずらしています。
記事はニュースではありません。
救急医療を国民に理解いただくことが目的です。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2484-c7786ff6
    この記事へのトラックバック