ドクターカー・ジェット機 その3

2017年01月17日 18:13

私は、ERに置いてあるドクターカー2号のカギと車庫のカギを持ちだす。
ERから職員玄関へ向かい、さらに車庫に走る。

すでに、臓器移植ネットワークの職員と
病院事務職員が職員玄関で心配そうに待機していた。
院長から肝臓を運ぶために、
ドクターカーを出すことがスタッフに伝わっていた。
車庫のカギはリモコン。
私は外を走りながら、リモコンの白いスイッチを押す。
走りつく頃に、車庫のシャッターが全開になっているはず。
1時間まえから雪が降り始めた。

車庫のシャッターはほぼ開いていた。
車庫1の入り口から、車庫2のドクターカーV3のアルミホイールと
まだ走っていない汚れがない黒いタイヤが見えた。
白いボディーにドクターカーV3のロゴが際立つ。
その隣がドクターカー2号だ。
車庫1に入る。
ドクターカー2号の右前タイヤに接して置いてある
オレンジ色の車止めを外す。
ドクターカー2号エスクードの右前ドア開ける。
乗り込み、スイッチを右に捻る。
3000ccターボエンジンが回り出す。
ギアをドライブに入れて、ゆっくりと車を出す。
後ろ向きにシャッターの閉まるスイッチを押した。
白い雪が降っていた空は明るい。
大丈夫だ。
三沢空港は北方面だ。
運転席下にある赤色灯スイッチを押した。
車庫を出てから右へ、また右へ、また右へ。
200m位徐行で走る。
職員玄関に車をつけた。
まだ、移植医の姿は見えない。
「よかった、間に合った。
ロスタイムない」
私は、運転席から降りて、時計回りに車の後ろへ回った。
そして、外へ出ていた臓器移植ネットワークの職員と病院事務員、院長の方へ歩く。
すると、自動ドアから移植医の二人が大きなクーラーバッグを持って出てきた。
自動ドアから車まで5m。
彼らはまっすぐに車に向かう。
私は、反時計回りに車の後ろを回り、
運転席に座った。
フロンガラス越しに院長にOKサインを出す。
(続く)

//////
記事内容から患者が特定されないように
掲載時期は、大幅にずらしています。
記事はニュースではありません。
救急医療を国民に理解いただくことが目的です


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2483-f67f4223
    この記事へのトラックバック