スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

移動緊急手術室ドクターカーV3出動おいらせ消防編 最終

2017年01月14日 18:28

ドクターカーV3に無線が入った。
ドクターカー1号で先行していた
藤田医師からだった。
「意識障害あり、昏睡状態、
循環はよし。
心臓破裂ない。
腹腔内出血ない。
大量血胸ない。」
近藤医師が答えた。
「ショックでなければ手術室の必要はないですね」
「そう思います」
「輸血はどうしますか」
「輸血はもらいたい」

近藤医師の情報は全員に伝えられた。
3分でほぼ出来上がった手術室であったが、
幸運にも、
使う必要はなくなった。

5分後に、
十和田救急車がおいらせ消防に到着した。
救急車のスライドドアが開く。
「今センター長、乗ってください。
万が一、手術が必要なら
ERについてからです。
輸血は載せます。」
藤田医師が指示した。
私は、輸血を持って救急車に乗り込んだ。
すぐに、
救急車は八戸ERに向かった。

30分後、十和田救急車は八戸ERに着いた。
CT検査では、頭部外傷だった。
今野部長が頭部外傷の手術を開始した。

出血性ショックに対するドクターカーV3の出動決定は難しい。
確実性を求めると、出動まで時間を要する。
素早い出動だと、今回のように
空振りする(オーバートリアージ)こともある。

遠隔地から搬送される出血性ショックには、
オーバートリアージが容認されると思うが、
今後の経験を積んで、
ドクターカーV3の出動決断基準を決めたい。

移動緊急手術室ドクターカーV3出動 完



コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2480-dc637b73
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。