ドクターカーV3 鮮烈デビュー その3

2016年12月24日 14:00

冬の八戸の川、それから港へ。溺水、心肺停止

ドクターカー1号が出動、
長谷川医師が。

7分遅れでドクターカーV3が出動、
私が運転、昆、藤田医師
そして
小橋、畑林ME
5名乗車。
V3 driver Kon

1号が先着したときはまだ、
救助前。
遅れてV3が現場到着した。
doctor car1V3

ちょうど岸壁に傷病者が
釣り上げられる瞬間。
消防隊、ダイバー隊、レスキュー隊が奮闘しています。
V3 CPA救助

V3の後部に手術室を5分で作っている間に、
1号長谷川医師は青空の下でACLS(二次救命処置)開始。
気管挿管終了したころに、
手術室入室した。
輸液路確保は、手術室内で開始。

手術室入室させ、胸から下を消毒、
手術覆布をかけ、
PCPS導入手術開始した。

鼠径部の皮膚を切開し、
2本の血管を出し、
チューブを入れた。
V3 ECPR

MEの用意したPCPSにチューブをつなぎ、
心停止していた傷病者に、
赤い血液が流れ始める。
胸骨圧迫を終了する。
手術室入室から12分だった。
ドクターカーV3現場停車から17分だった。

傷病者は、PCPS状態で救急車で病院へ運ばれ、
治療継続。
体温は26度。
Vf状態。
V3 ECPR2

31度に復温できたとろで
心拍再開した。

翌日、午前透析治療を終了
昼PCPSの取り外し手術を行う。
PCPSを外しても血圧低下はなかった。
鎮静剤を終了し、目が開くのを待った。
夕方開眼。
意識が戻る。
鼻のチューブから流動食を開始した。
人工呼吸器外す。
気管挿管抜管。

3日目
会話が成り立つ。
すごい。
経口で食事を始めた。


4日目、
食事量が増えた
午後
歩行開始。


劇的救命だ。



コメント

  1. コン | URL | -

    Re: タイトルなし

    応援ありがとうございます。
    これまではコメントに返信する余裕がありませんでしたが、
    今日はできます。
    写真は目隠しをしたのですが、
    まだ不十分だったので、
    削除しています。
    今後も気をつけます。

    患者は、笑顔で元気です。

    社会復帰できますよ。

    うれしいです。

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2459-fe19489f
この記事へのトラックバック