スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

フレイルチェスト動揺胸郭

2016年12月14日 18:57

ヘリ番は長谷川医師と伊沢医師
午後3時33分救急要請が入る
〇〇市で、トラクター転覆事故発生
男性が挟まれた。
上十三指令センターは
ドクターヘリ要請をした。
ドクターヘリ要請は15時42分
5分後八戸ドクターヘリは
医師2名と沼宮内看護師を乗せて離陸した。
飛行時間11分で〇〇田市上空に達した。

16時0分患者接触。
救急車内で長谷川医師と伊沢医師が診察を開始した。
男性は、胸痛を強く訴える。
ようやく目をあく程度の意識障害がある。
呼吸音は左が弱い。
左の脇の下に皮下気腫を触れる。
左の胸郭の呼吸の動きが悪い。
酸素飽和度は95%。
酸素100%で。
血圧は102.
呼吸数38回。
脈拍は100.
左の気胸、肋骨骨折、フレイルチェスト、肺挫傷がありそうだ。

救急車を出してください。
長谷川医師は、救急隊長に進言した。
サイレンが鳴ると困る
聴診器による診察が終わった。
16時7分救急車は八戸ERに向かって
走りだした。

同時に
ドクターヘリが離陸する。

日没は16時8分
北国の冬は、
すぐに日が暮れる。
(続く)



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2451-64e50236
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。