小学生の授業を受け持ちました。 その3

2016年12月11日 18:06

小学生の授業を受け持ちました
その感想文です

6年生の感想
●今日ぼくは、すごく感動しました。
なぜかというと、救急車だと間に合わない命も
ドクターヘリがあれば助かります。
保育園児でも
「人を助ける、人のために役に立ちたい」と思うほど、
ドクターヘリをすごいと思ったと思います。
1分1秒を大事にする仕事だと思います。
先生の仕事は、とてもいい仕事だと思います。 
僕は夢が多くて、
少し悩んでいます。
でも先生のお話を聞いて、
なってみたいなという気持ちが僕の中にもできました。
今日は、貴重な話をありがとうございました。(慶獅)
                                 
●今回のお話を聞いて、
50kmまで15分で行けるという事を知って、  
それほど命を守るためにがんばっているんだなあと思いました。
今、沢山の命が助かっているのは、
今さんが青森県にヘリコプターを2機導入していただいた
おかげですね。
僕は、赤ちゃんの頃にソケイヘルニアになりました。
その時は、
八戸市立市民病院で治療をしました。
そのことも含めて、
僕は沢山の命が救われていることに感謝しています。
僕の将来の夢は、
介助系のロボットを造るエンジニアです。
なぜ、この職業に決めたかというと、
人のためになりたい、
喜んでらいたいと思ったからです。
今回の話を聞いて、
自分のエンジニアの夢をふくらませられた気がします。
今回は、本当にありがとうございました。(盛流)

●ドクターヘリは、
一刻も早く助けてあげないといけない人に出動します。
救急車ではできない治療を
このドクターヘリでできるようになっているそうです。
時速は200キロ、
自動車の4倍です。
着陸する時、
砂だったら風で砂嵐がおきるので、
水をまくそうです。
僕はお話を聞いて、
命は大事だなあと思いました。
患者を救うのは、
時間とスピードが大事なんだと思いました。
時速200キロではすぐに到着できます。
僕も学校でちょっとしたことでいいので、
みんなを助けてあげたいです。
僕の将来の夢は、消防士です。
今さんみたいに誰でもいいので、
人を救ってみたいなと思いました。
今回は、ありがとうございました。(新)

●私は今先生のお話で、
病院から遠い所に行くことが無理な場合、
ドクターヘリがあれば
命を救うことができるということが一番心に残っています。
どんなに悪い状態でも、
一人の命は救うことができるということが
すごいなあと思いました。
私だったら、
普通ギリギリで間に合わないときは
あきらめているかもしれません。
でも、お医者さんは
ギリギリの所でも人の命を大切にして救うことがすごいです。
無理だとしても、
あきらめなければ何でもできるということを学びました。
私の将来の夢は、ソフトボール選手です。
このことから何にでも挑戦し、
あきらめないぞという気持ちを持って
生活していきたいなあと思いました。
この気持ちは、絶対忘れないようにします。
今日は、ありがとうございました。(真友梨)

 ●今さんは、
ドクターヘリには複数の人が乗っているとおっしゃっていました。
お医者さん、看護師さん、整備士さん、
操縦士さん(パイロット)、これらの人が乗っているというのは、
そこに行った人しか分からないので聞けてよかったです。
そして、ドクターヘリは、
今まで2千回以上も飛んでいて、
たくさん助かったというのには驚きました。
あまり見ないけど、
たくさんの命を救っているんだなと思いました。
お話の中で特に心に残ったのは、
2才の女の子のお話です。
そんな小さな女の子が事故にあったということは、
1分1秒を争う事態です。
そんなとき運びながら治療できるかできないかでは
大違いだから、
助かったのは今さんが
ドクターヘリを導入してくださったからだと思います。
私はこの話を聞いて、
1人を救うのには複数の人が関わっていて、
ドクターヘリがあったから
救われた命もあるんだなと思いました。
私は、将来薬剤師になりたいと思っています。
なぜかというと、
命は複数の人が助けて生まれるものだから、
私も助けてもらっています。
だから、
私も命に関わる仕事について誰かを助けたいと思ったからです。
今さんの話は、
夢を叶えるためにも聞いて良かったと思います。
今回の夢講話、本当にありがとうございました。(桃花)

●今日、今先生の話を聞いて
一番私の心に残ったことは
人の命を救うということはすごい仕事ということです。
私は人の命を救うという仕事は、こわいと思います。
もし自分のせいで、
患者さんが死んでしまったら、
ものすごく苦しいと思います。
それでも今先生はやっているので、
どうやって毎日重い責任の仕事をできるのかなと思いました。
どんなにつらくても次の患者さんがいるので、
くじけたり悲しんでいたりする時間がないだろうと
思いました。
私のおばさんは、看護師です。
今までは、あまり考えたことがなかったです。
でも、今日の勉強をして、
人の命を守るってすごいなと思いました。
私も人を助けてあげたいという気持ちになりました。
きっと私にもできることはあります。
ドクターヘリの仕事を教えてくれて、
ありがとうございました。(ジェシカ)

●今回の夢講話で、
今先生が説明してくれた
お話の中で一番心に残ったことがあります。
それは、ドクターヘリに乗る人のことを
話してくれたことです。
ドクターヘリの後に乗る人は4人で、
その中に看護師さんに
私はピンときました。
私はその話を聞いて、
自分の将来の夢のことを考えました。
私の将来の夢は、マンガ家か薬剤師です。
それは、マンガ家は絵を描くのが好きだからで、
薬剤師は病院に行ったときに
薬局の中の奥で薬を作ったり
薬を袋に入りたりしていて、
私は人を助けられて、
しかも私が好きな研究もできる、
なんていいなあと思ったからです。  
あと、お母さんが看護師になったから、
もしかしたら一緒に人を助けれるんじゃないかなあと
思いました。
今先生、
今回は楽しくしっかりと教えてくださり、
ありがとうございました。(蘭)

・・・・・・
大勢の小学生の将来にかかわることができました。
みんないい子です。

留守番をしてくれた
八戸救命スタッフに感謝です


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2446-2958ca66
    この記事へのトラックバック