ドクターカーV3帰院しました

2016年11月20日 18:01

日経メディカル誌が
日本救急医学会での
ドクターカー展示の記事を書いています。
http://medical.nikkeibp.co.jp/leaf/all/cadetto/tuusin/201611/549056.html
後方にテントが付いているドクターカーは
八戸市立市民病院のV3です。
同院が3台保有するドクターカーの活躍は、
今明秀先生のCadetto.jp連載「救急いばら道」の記事でもおなじみですね。
2014年度以降は月平均約120件、累計で約7000件もの出動をしているそうです。
・・・・・・

そして、
展示風景をご紹介します。
IMG_0446 (500x375)
和歌山大学准教授「うちもドクターカーを始める」
日本外傷学会代表理事「出血性ショックに使うんですね」
日本医大救急脳外科医師「県庁からのストップをよく乗り越えましたね」
IMG_0460 (500x375)
群がる救急医師たち

IMG_0470 (500x375)
埼玉医大救急医学教授も「実戦的」

IMG_0465 (500x375)
第44回日本救急医学会事務局長も「本当に作っちゃったんですね」
日本医大高度救命救急センターの講師
IMG_0504 (500x375)
名古屋大学救急医学教授も「これはいいね」

IMG_0509 (500x375)
徳島赤十字の吉岡勇気医師と、研修医。
八戸卒業生です。

IMG_0524 (500x375)
手術中のLEDが夜に目立つ

IMG_0525 (500x375)
日没後の展示に備えて、ライトアップの装備を持ち込みました。

IMG_0526 - コピー
劇的救命の文字は、テント収納箱の蓋です。
こちらは、サンルーフを開けてライトを固定しました。

たくさんの救急医に支持いただきました。


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2437-15fd6887
    この記事へのトラックバック