スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北に南に2機 その4

2016年10月29日 18:45

11時41分119番通報は青森市消防に入った。
「トラック2台の玉突き事故。」
11時54分救急隊が現場に到着した。
2名が挟まれて、脱出できない。
1名は冷や汗をかいている。
救急隊長はドクターヘリ要請をかけた。
青森消防指令課は、青森市のドクターヘリ通信司令室へ電話を入れた。
「青森ドクターヘリは野辺地町に出動中。
八戸ドクターヘリを要請してください」CS
11時54分八戸ドクターヘリが要請された。
4分後、EC135は八戸を離陸した。
飛行ルートはみちのく有料道路沿いに青森市に出て、陸奥湾を超えて、津軽半島の付け根地区に行く。
県南の水田は、稲刈りの最中だった。
黄金色の稲がある田んぼと
刈り取った後の灰色の田んぼが混じる。
山野はいると、ブナの黄色い森が美しい。
ところどころに、
楓の紅が目立つ。
針葉樹の緑もきれいなコントラストを作る。
八甲田山の北の峰を眺めながら、
EC135は青森市に出た。
東岳を右に見て
野内川の下流を下に超える。
右後ろを振り返ると、
浅虫海岸の緑の島湯の島、
茶色い島裸島、
西に岩肌が目立つ鴎島、
きれいな△茂浦島、
眼を凝らしてようやく見える
双子島、
半島の山の続きに見える大島。
青森湾を彩る数々の美しい島が見えた。
全部見えるのは、空からだけだ。

野内川河口を超えると、
青い海に無数に浮が浮かぶ。
ホタテ貝の養殖網だ。
オレンジ色の浮が多い。
所々に白い波の泡が見える。
水深50m位だろうか。
海の色が徐々に藍色になる。

左には、青森県病、
続いて△ビルアスパム、
ストロボ点滅するベイブリッジ、
灰色の石油タンク基地、その先は
水田が目立つ。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2415-eefa3849
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。