サンダーバー作戦 県境 最終

2016年09月16日 18:43

ドクターカー医師がすぐにERに入る。
そして
車内で家族から聞いた病歴を伝えてくれた。

「発症時刻は、119何通報の10分前です。
一回目の潜水うに採りは問題なし、
休憩後の2回目も問題なし、
休憩後3回目のすもぐりのあとで、
患者は岩にもたれかかっています。
溺水ではありません。
家族が全部目撃しています。
心房細動からの脳梗塞なら、
血液検査しだいで、血栓溶解療法に持ち込めますよ」
着いたばっかりの医師
「PTINR1.5です。やや延長ありますが、
tPAを使える制限範囲内です。」
・・・・
「先にラジカットを注射しよう。
動脈ライン穿刺して、繊細な血圧コントロールが必要だから」私
・・・
「さあ、tPA注射するよ、
続けて、シリンジポンプで、持続投与するよ」
「意識判定は、少し悪化でE1VtM2徐脳硬直です」
・・・・
30分後
「目開きました」
2時間後
「握手できます」

サンダーバード作戦的中!!!

脳に悪いこと、
それは低酸素と低血圧、炭酸ガスが上がること、
低血糖、高体温。
脳の初期治療、それは、悪いことしないこと。
血糖を適正、体温を適正、酸素を多めに、
換気をしっかりとして炭酸ガスをためない。
だから、昏睡状態患者には、すばやく気管挿管して血糖を調べるのです。

家族に廊下で言われた
「県境の階上町には、何度もドクターヘリが来ています。
住民はみんな、ドクターヘリに感謝していますよ」
つい目頭が熱くなった。

サンダーバー作戦 完


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2401-b25b665e
    この記事へのトラックバック