スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

神奈川県の殺人事件 もし八戸で起きたら

2016年07月29日 19:22

神奈川県の殺人事件 その2

八戸の街で
同日、同時刻に
同事件が起きたら
どうなるか。
想像してみました。

八戸地域にも、同様の重症障害者施設が数か所あります。
ここでは、
やまゆり園のように、
遠隔地にある施設で事件が発生したと仮定して考えます。

以下は想像です。
私は、消防署員ではないので、
消防のルールには詳しくありません。
しかし、これまでの経験から
おそらく、このような動きであろうと想像します。

○戸町障害者施設で発生したと仮定します。


7月26日火曜午前2時発生
① 119通報午前3時「3名位が刺された」
○戸消防署が対応します。
救急隊2、消防隊2、応援救急隊1出動
救急車は3台出ます。
同時に八戸ドクターカーの要請が入ります。
当直医師は、この日、私と藤田医師。
私は、ドクターカーV3の出動を進言します。
すぐに、ドクターカーV3出動が決定します。
ドクターカーV3には、開腹、開胸手術セットをそれぞれ1セット積みます。
ちょうどERはすいていたので、看護師を1名乗せて、
ドクターカーV3は病院を出ます。

私の運転する、ドクターカーV3は、野田頭副所長の自宅経由で、現場へド向かいます。
野田頭副所長をピックアップして、
移動緊急手術室ドクターカV3は
○戸町へサイレンを鳴らして向かいます。


② 午前3時半 直近救急車が先着し、
多数傷病者であるjことがわかります。
○戸消防の隊長は「多数傷病者のため災害宣言」をします。
それに応えて
直近消防署に加えて八戸広域消防が出動します。
救急隊計10隊。

③ 午前3時40分ドクターカーV3が現場に到着。
野田頭副所長と看護師は搬出されてくる患者の緊急処置をします。
私は、八戸ERに災害対応の連絡をします。
ERの藤田医師は、救急医全員集合の電話連絡を手分けして行います。
輸血在庫を確認し、輸血在庫を緊急で通常の3倍に増やします。
当直検査技師は輸血センターに災害が起きていることを伝えます。

④ 午前3時45分 消防総合応援協定に基づき
隣町の十和田救急隊2、隣町の三沢救急隊2、その隣の中部上北救急隊2が出動します。
計救急隊16隊が現場に集結します。

「赤トリアージは15名」の情報に基づいて搬送施設が選定されます。

私は、指揮本部に入り搬送先決定に助言します。

赤10は八戸市立市民病院、
赤4は○十字病院、
赤1は○災病院、

「黄色トリアージが4名、緑は○名」の情報が指揮本部に伝わります。
黄色患者の収容は、指揮本部が決定します。
○和田病院です。

⑤ 午前4時0分 移動緊急手術室ドクターカーV3内には、
頸部外傷の緊急処置を要する患者が1名入室します。
約15分で私と野田頭副所長、看護師で緊急止血手術をします。
鉗子による血管止血と、
気管挿管を行います。

⑥ 移動緊急手術室ドクターカーV3内には、
別の頸部外傷の患者が入室します。
同じく約15分で緊急手術をします。
安全に病院まで搬送するために、
搬送が危険と判断された患者に緊急処置を行います。

⑦ 午前4時5分 黄色トリアージの搬送目的に、県内消防応援協定に基づき50km離れた消防にも応援要請が出ます。
混乱している現場で空振りを容認した応援要請を消防指揮本部は選択します。
北部上救急隊2隊が出ます。
救急隊は計18隊で、黄色トリアージ、緑にも対応できます。

⑧ 4時20分 野田頭副所長と私、看護師は
八戸市立市民病院行の救急車のそれぞれ1名づつ分かれて
同乗します。
搬送時間は40分。
ドクターカーV3の車両は、日中にドクターカードライバーにとりに来てもらいます。

明日は、想像する病院対応を話します。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2385-a5a11013
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。