サンダーバード作戦 その2

2016年05月08日 18:39

CSは近藤医師に電話した。
「はい、現在の事案の初期治療は完了したので、
藤田医師にあとは託し、
ドクターヘリは離陸できます。
出動できます」
瞬時に決断した近藤医師は、藤田医師に伝える。
藤田医師は、詳しい状況は聴かず、
「承知しました。気を付けて向かってください」
11時54分、救急車はちょうどドクターヘリ着陸地点に着いた。
同時刻
11時54分。ドクターヘリ要請が八戸に入った。
CSは機長に携帯電話する。
「三沢市へ出動おねがいします。」
状況をあらかじめ聞いていた機長は
「OK」
11時55分八戸ドクターヘリは近藤医師と工藤ナースを乗せて田子町を離陸した。
向かうは三沢市。
・・・・・

藤田医師は作業事故男性CPAを救急車内でCPRしながら
三戸中央病院へ向かって出発した。
心拍再開できたら、八戸で追加手術をする。
三戸中央病院へ着く前に心拍再開させたい。
心停止状態が続くなら、直近病院で看取る。
そんな思いで救急車は道を里へ下り始めた。
約30分後に三戸中央病院到着した。
だが、心臓は動かなかった。
・・・・・・

ドクターヘリは、田子町の事案に医師一名を残し、三沢市の空を飛んでいた。
12時7分三沢市に着陸したドクターヘリから近藤医師と工藤ナースが降りる。
三沢市消防の救急車内に乗り込んだ。
顔色が悪い、腰の痛みを訴える女性には、
骨盤骨折を考えて、簡易骨盤固定帯サムスリングを巻いた。
止血の薬、トランサミンを注射した。
12時21分ドクターヘリは患者を収容し離陸した。
向かうは八戸市立市民病院救命救急センター。
12時28分わずか7分で三沢市を離陸したドクターヘリが
八戸に着陸した。
・・・・・・
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2365-a3beaacc
    この記事へのトラックバック