スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

熊本地震ドクターヘリ

2016年04月16日 11:33

投稿者:ドクターヘリ統括本部長の町田医師(前橋赤十字病院)
投稿日時:2016/04/16 10:40

平成28年熊本地震に対するドクターヘリ指揮命令検討および投入状況の報告です。
<指揮命令系統>
ドクターヘリ統括本部(DMAT事務局):町田浩志(前橋赤十字病院)

ドクターヘリ調整本部(熊本県庁)

ドクターヘリ本部(熊本日赤)

<参集拠点>
熊本空港
・ヘリ受け入れ機の制限あり
・2次投入が行われる際は他の参集拠点を設定予定。

<給油地点>
熊本空港、佐賀空港、佐賀大学

<参集ドクターヘリ>
九州エリア:4機(熊本、福岡、長崎、鹿児島)・・・九州エリアで調整済
中四国エリア:3機(山口、岡山、高知)・・・中四国エリアで調整済
民間ドクターヘリ:1機(福岡和白)・・・ドクターヘリ統括のもとで活動

熊本県ドクターヘリ調整本部に確認のもとで上記8機で対応しています。
尚、さらにニーズが増えた場合、
長期化する場合は、
対応県交代や参集エリア拡大などを検討します。

以上DMAT情報からです。
・・・・・・・・・・


天候が下り坂であること。
阿蘇山噴火で視界が悪くなること。
九州山脈が立ちはだかること。

ドクターヘリで広域出動することは簡単ではありません。
被災地へ出動する機長、整備長の皆様
不慣れな飛行ルートのはずです。
気を付けてください。
安全運航をお祈りします。
よろしくお願いします。



コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2357-ea0c38ae
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。