スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドクターカーV3不発 その1

2016年02月04日 18:22

低気圧が日本列島を襲う。
八戸上空は曇り空。
西の八甲田山は今日は見えない。
南西の十和田湖外輪山も見えない。
きっと、津軽地方は大雪なのだろう。

要請は午前7時55分に来た。
今日のドクターヘリ当番は私。
ヘリナースは、上舘。
On the job training席には
もう一人ナース野村が座る。
ヘリナースのトレーニング中の野村ナースが今日最終評価を受ける日。
今日で合格すれば、次回から独り立ち。

要請内容は自宅外で、男性倒れていた。
その場所は、十和田湖畔だった。
十和田湖畔の天候は雪。
CSは十和田湖への出動は不可能と判断した。
「山を下って、十和田市に近付けば、
雲が薄い場所があるはず。
そこでランデブーするのはどうだろうか。」
現場の指揮をとる消防は同意した。

救急隊は8時現場到着した。
心肺停止だった。
CPRがはじめられた。
119通報内容から、
男性には家族により
Bystander CPRが行われていた。

救急車は男性を乗せて、
8時20分現場を出発した。
直近の病院まで1時間以上かかる。
まして、今日は大雪。
視界の悪いし、道路もでこぼこ、
さらに滑る。
救急車はスピード控えめで、
安全走行で山を降り始めた。

八戸では、ドクターヘリの事業前点検が終わり、
スタンバイ態勢になった。
8時31分EC135は曇り空野八戸に離陸した。
進路は北西。
先に見えるはずの
八甲田山は雲の先だった。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2292-7efeaa2b
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。