歩いて受診した心タンポナーデ 最終

2015年10月06日 18:18

男性はCT検査室へ向かった。
CT画面には、
心嚢にチューブがきれいに入っていた。
心嚢液はまだある。
そして、何よりも重要なこと。
大動脈にひびが入っていた。
大動脈解離だった。

男性はERに帰ってきた。
心嚢チューブからは血液が少しずつ流れていた。
「胸が痛くいないですか?」吉村医師は尋ねた。
「腹が痛い」

心臓外科医が自宅から呼び出された。
2時間後に心臓外科医と山内医師が手術に入った。

手術は成功した。

大動脈解離の非典型例だった。
腹痛で歩いて受診した例だった。
心タンポナーデで心臓停止した。
運よく、病院内だったので、
吉村医師が傍にいたので、
直ぐにCPR,
そして心嚢穿刺と出来た。
あとは、手術。

不幸中の幸いだった。

歩いてきても劇的救命だった。

歩いて受診した心タンポナーデ 完




コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2193-6fd41076
    この記事へのトラックバック