歩いて受診した心タンポナーデ その1

2015年10月03日 18:15

朝起床時から腹痛があった。この日は連休の終盤。
近くの医師会休日診療所を受診した。
便秘と言われて浣腸処置を受けた。
トイレで排便したあとで腹痛は治まった。
担当医は、下剤を処方して帰宅させた。
午後になると、再び腹痛が強くなった。
今度は、妻の車に乗り、八戸ERを受診しした。
歩けるし、腹痛も軽かったので、
トリアージナースは、順番待ちにした。

連休のせいで、
ERの待合室は込み合っていた。
廊下まで椅子が並べられている状態だった。

男性は順番待ちをする間も、
トイレに行ったり、椅子に座ったりしていた。
受付35分後、
妻の横で男性は座ったまま、
頭を後方の壁に打ち付けた。
その音で妻が気付く。
男性は目を瞑っていた。
受付の事務員の気付いた。
事務員はERナースに連絡する。
受付からERまでは5m。
吉村医師と看護師が走って待合室にでた。
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2190-3a33c302
    この記事へのトラックバック