スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高校生とAED その2

2015年09月25日 18:19

養護教諭はこれまで百回近く、
生徒にAEDの講習をしてきた。
だが、人間にAEDを作動させるのは初めて。
9時2分ショックボタンを押した。
だが、呼吸も顔色も戻らなかった。
CPRが再開された。

9時AEDが再び話始めた。
「ショックは必要ありません。
呼吸と脈拍を確認し必要ならCPRを初めてください」
呼吸はなかった。
だが、顔色はわずかに戻っていた気がした。

9時6分救急車が校庭に到着。
隊長が目撃したのは、
市民によるCPRだった。

そのままCPRを継続してもらった。
呼吸なし、
AEDを交換する。

心電図波形が見える救急車の物に変えた。

人工呼吸は、酸素を使った
バッグバルブマスクに変えた。
頸動脈の脈拍は触れなかった。

9時10分、心電図波形が変わった。
隊長はCPRを中断し、
頸動脈を触った。
「脈拍が触れる。
胸骨圧迫終了」隊長

人工呼吸は継続した。
(続く)

・・・・・・
お知らせです
9月26日土曜日
BS-TBS(BS6)に八戸市立市民病院救命救急センター出ます。
13:30~14:00
「ヒポクラテスの誓い」
ご覧ください。
http://www.bs-tbs.co.jp/info_news/JNT1100400/


コメント

  1. | |

    承認待ちコメント

    このコメントは管理者の承認待ちです

コメントの投稿

(コメント編集・削除に必要)
(管理者にだけ表示を許可する)

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2184-15b594e9
この記事へのトラックバック



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。