スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8回要請7回出動 その4

2015年09月10日 18:54

第4フライト

熱中症高校生をERドクターに引き渡している、
11:40今度は三沢からのヘリ要請。
88歳、男性。
作業中に具合が悪くなり救急要請。
「申し送りもそこそこに休む暇なくヘリへの燃料補給後11:50当院離陸。
12:00ランデブーポイントの三沢市立三沢病院横のホスピタルパークに高度を落とす。
後3mで着陸と言う、間近に救急隊から無線連絡。
「搬送中に、意識も回復。バイタルも安定しています。
BT38℃台であり状況からも熱中症で良さそうです。
患者安定しておりDrヘリの要請基準からは外れていますが…。」
状況からは患者は安定している様だが、
高齢者の熱中症は軽視できない場合も多く、
熱中症以外の高体温をきたす疾患かもしれない。
しかももう着陸寸前まできている。
「そちらが良ければ診察します」と返事をした。
救急隊は「お願いします」と。
着陸後、患者を診察。
確かに救急隊のいうとおり状態は安定している。
88歳の高齢者であり、
重症疾病が隠れていないとはいえないが、
高齢の奥さんと二人暮らしで奥さんが八戸まで来るのは大変である。
脳梗塞で三沢市立病院かかりつけであり、
かかりつけ病院まで30秒の場所がランデブーポイントであった。
患者さんを三沢市立三沢病院にお願いすると快く引き受けてくれた。
12:12 現地を離陸した。
覚知 11:25
ヘリ要請 11:40
当院離陸 11:50
現地着陸 12:00
現地離陸 12:12
当院着陸
(続く)
/////////
徳島ポスター (350x500)
八戸市立市民病院救命救急センターの
卒業生
吉岡勇気医師に招かれての講演会です


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2165-9d40d645
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。