スポンサーサイト

--年--月--日 --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

8回要請7回出動 その3

2015年09月09日 18:53


第3フライト

低血糖・交通事故の患者さんの申し送りや記録をまとめていた11:02
十和田市からのヘリ要請。
「高校生。ラグビーの練習中に意識障害、
手足のしびれあり。熱中症疑いです。」一息つく暇もなく
11:06ヘリ離陸。
現場は○○高校。
ランデブーポイントは○○高校のラグビー場。
ランデブーポイントに近づいたがぱっと見ただけでは
どこがランデブーポイントがわからなかった。
広い。
なぜなら、この高校はラグビー場だけでなく、
サッカー場、野球場、乗馬場など高校の広大な敷地に多くの施設があったためである。
11:17到着。
ヘリからおりるとグラウンドはむせかえるような暑さがこみ上げていた。
 
患者はラグビー部員だけあり屈強な高校生。
午前中からラグビー野練習、
ゲームをしていた。
ゲーム中、他の選手との強い接触はなかった。
水分補給は心がけていたが、
ゲーム後のランニング中に意識朦朧となり救急要請された。
患者はバイタル安定していたがGCSE4V4M6。
時人場所が食い違う。

自分の家の住所を答えることができず
傾眠傾向。
BT37.7℃。
意識障害をきたしている熱中症。
3度熱中症であり八戸救命救急センター搬送を選択。
けいれんとの鑑別のため現場での採血を行い、
冷たく冷やした生理食塩水を点滴しながら、
無線でERに患者冷却の準備を依頼し搬送。
11:37病院到着。
患者をERドクターに引き渡し申し送りをした。
 ERでの採血で患者のCre1.64と臓器障害をきたしていた熱中症であった。
屈強な高校生も熱中症になるほどの暑い八戸になっていた。
覚知 11:00
ヘリ要請 11:02
当院離陸 11:06
現地着陸 11:17
現地離陸 11:30
当院着陸 11:37
(続く)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2164-6da4feaf
    この記事へのトラックバック



    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。