ドラマの人食いバクテリア事件 その2

2015年08月27日 13:50

結果的に疑いは正しく,
敗血症性ショックが明らかとなりました.
壊死性筋膜炎として緊急手術に踏み切りましたが,
治療が間に合わずに大森さんは亡くなってしまいました.

あとになって聞き直すと,
熱帯・生シーフードという病気に関わる情報が明らかとなったようです.


さて,以下は解説になります.

◆1.ビブリオと皮膚軟部感染症
大森さんを襲った病気は,
Vibrio vulnificus [ビブリオ・バルニフィカス]
という細菌(バクテリア)による敗血症でした.

このビブリオ菌は,
夏に食中毒を起こすことで有名な腸炎ビブリオという細菌の親類で,
やはり暖かい海水の表面に浮かんだりしています.
生カキなどの新鮮なシーフードを海面から直接引き上げたりすると
表面にくっついて,消化管から感染することが多いようです.
また傷口から入ることもあり,
波打ち際で足を切ったり生ガキの貝殻で手を切って
感染する場合もあります.
だいたい潜伏期間は1~2日です.

普通は下痢をするくらいですが,
肝臓病や免疫低下がある患者さんでは,
敗血症を起こしてしまうことがあります.
これが恐ろしいのです.

ビブリオ・バルニフィカス による敗血症は,
何と死亡率50~70%と高率です.
特徴的な症状として,
皮膚が赤黒くなったりヤケドしたような水ぶくれが出たりします.
もちろん敗血症ですから血圧が下がり意識が悪くなります.

治療は抗生物質投与と,重症の場合は手術です.
ただ,発症時点で細菌は見つかりませんので,
治療開始時点で疑っておかなくてはいけません.
また,肝臓が悪いと血が止まりにくいので,
手術も簡単ではありません.

◆2.壊死性筋膜炎と「人食いバクテリア」
森本先生は壊死性筋膜炎と言いました.
これは,似ていますが違います.
壊死性筋膜炎の多くは,レンサ球菌,ブドウ球菌,嫌気性菌群,
などのありふれた細菌が原因です.

このうち,劇症型A群レンサ球菌と呼ばれるタイプによるものが重症化して
進行も急激です.
これが「人食いバクテリア」と呼ばれるものです.
ただし,A群レンサ球菌自体はありふれた細菌で,
子どもの咽頭炎を起こす溶連菌[ようれんきん]は
A群レンサ球菌そのものです.
いつ,どこで,どうして劇症型壊死性筋膜炎を起こすのか?
これは,まだ良く分かっていません.

壊死性筋膜炎の治療は緊急手術です.
それも,「まさか,ここまでは」と思うような広い範囲を,
手術で切り取る必要があります.
問題は,病変部が皮下なので,
切り開くまで分からないことです.
腐った床の上にカーペットが敷かれているようなイメージでしょうか?
もちろん抗生物質も使いますが,
それだけでは絶対に助かりません.

◆3.診断と治療は正しかったのか?
ハッキリ言って,診断は非常に困難です.
「急速に進行する敗血症で,皮膚に明らかな病変がある」
という状況証拠しかないからです.
これでは上の二つを区別できません.
だから,緊急手術は当然の選択ですし,
実際に病変部が広がっていて片腕を切り取ることになってしまいましたが,
それでも不充分だったのでしょう.
(続く)

・・・・・・
昨日はブログの閲覧者が多かったです。
ありがとうございます。
ブログ4位(500x369)


コメント

    コメントの投稿

    (コメント編集・削除に必要)
    (管理者にだけ表示を許可する)

    トラックバック

    この記事のトラックバックURL
    http://doctorheli.blog97.fc2.com/tb.php/2156-de4a2803
    この記事へのトラックバック